妊娠超初期に性行為はしちゃダメ?流産リスクと影響、痛い・出血時の2つの対処法

スポンサードリンク




妊娠の可能性がある時期の性行為について、不安に感じている事はありませんか?

もしかしたら、既に妊娠超初期に入っていて、性行為時の流産リスクや赤ちゃんへの影響が心配…という人もいるでしょう。

妊娠を気にかけている方は、特に性行為時の痛みや出血に敏感なはず。

そんな不安を解消する為に、今回は以下の内容を紹介します。

  • 妊娠超初期に性行為はしちゃダメ?
  • 妊娠超初期の性行為の流産リスク
  • 妊娠超初期の性行為の注意点
  • 妊娠超初期の性行為時に痛い、出血時の対処法

では、順に説明していきますね。

妊娠超初期に性行為はしちゃダメ?

「妊娠している可能性があるかも?」

「でも…妊娠超初期に性行為をしちゃダメなの?」という疑問。

なかなか友達や周囲にも相談しにくいですよね。

結論から言うと、妊娠超初期症に性行為をしても問題はありません。

ただし、必ずお互いの手や陰部を清潔にして、感染症予防の為、避妊具(コンドーム)の着用はして下さいね。

妊娠超初期の性行為の流産リスク

流産は一般的に言うと、受精卵の染色体異常、胎児側がもたらされる原因となって生じます。

そのため受精した時に流産の危険性はたいてい確定されるとも言えるでしょう。

「妊娠発覚前に気づかずに性交渉をしてしまった」

と不安に思う人は多いですが、実際のところ、妊娠中の性行為がストレートに流産に結び付く事は多くありません。

しかし、子宮頸管無力症の人は、妊娠中期を過ぎてからの性行為が流産や早産の引き金になる事も考えられます。

最優先にお医者さんに意見を求めることをお薦めします。

「プロスタグランジン」という精液の中に見られるホルモンや、女の人がオルガズムを成し遂げた時に分泌が催促される「オキシトシン」は、子宮収縮がもたらされるホルモンです。

こういった類のホルモンにより子宮の収縮が催促されると、流産や早産を結び付ける危険性があるとされています。

切迫早産中は絶対安静が基本なので、性行為はしないようにしてくださいね。

妊娠中の性行為は避妊具を利用して、さほど豪快に行いすぎないように心掛けましょう。

とはいえ、痛みがあるほど過激な性行為を行ったり、夜更かしをしてしまったりすれば、母体に負担を負わせてしまいますので気をつけて下さいね。

妊娠超初期の性行為の4つの注意点

妊娠超初期に気を付けるべき注意点を4つ挙げてみました。

注意点1.無理はしない

スポンサードリンク


妊娠超初期は、胎児の心臓の鼓動がチェックされて経過が良好ならば、性行為を行なっても大丈夫です。

妊娠超初期はお腹も膨らんでいなくて、身体の自由も利くので、無理してしまうものです。

妊娠中であることを忘れず、激しい性行為は避けた方が良いでしょう。

更に、妊娠超初期は少なからずつわりに悩まされる人もいて、身体の調子が優れない可能性も高いと考えられます。

身体の調子を大事にし、頑張りすぎないことを意識しましょう。

注意点2.体勢を気にする

妊娠超初期でもお腹に負荷がかかる体勢は控えて無理のない体勢で行いましょう。

注意点3.長時間裸でいない

妊娠超初期に長時間裸のままでいるのはおすすめできません。

なるべく短時間で、風邪を引かないようにして下さいね。

加えて、出血の原因にもなりますので、擦りすぎないように注意しましょう。

注意点4.相手に協力してもらう

あまり奥に入らないようにしてもらいましょう。

お腹が痛くなる、張るなどの症状が現れたら中止して、休憩しても長時間症状が続く場合は産婦人科へ受診してください。

このような時は控えましょう

妊娠超初期の性行為は問題ないとはいえ、妊娠の経過に問題がない場合に限ります。

次にあげるような状態の際には、性行為を控えるようにしましょう。

  • クラミジア感染症や絨毛膜羊膜炎
  • お医者さんから絶対安静と言われている
  • 過去妊娠で早産だった事がある
  • 出血がある
  • 腹部が張る時や痛み
  • 切迫流産や切迫早産
  • 破水
  • 前置胎盤や低置胎盤
  • 子宮頸管無力症
  • 子宮頸管が短い

妊娠超初期のセックス時に痛い、出血時の2つの対処法

妊娠中は腟や子宮頸部の血液量が増えて充血していますから、性行為の後に出血する事があります。

多くの場合は一過性のものではあるのですが、安静にして、少し経過しても出血が止まらない時や、鮮血と変わらない血が増加してきている時は、切迫早産や切迫流産の予兆であるケースもあります。

そのような場合は、早急に産婦人科で診察を受け、性行為をした後に血が出た事をお医者さんにお知らせして下さいね。

まとめ

体に不調がある時は、お腹の赤ちゃんを最優先して無理な性行為をするのは控えましょう。

無理に性行為を行っても、夫婦生活は良くなるばかりか悪い方向へと向かってしまいます。

体調がすぐれない時には、しっかりと断る事も必要です。

断る際は冷たくそっけない態度で言うのではなく、きちんと体調不良の事実を伝えて、調子が良い時にまた行おうと伝えた方が良いでしょう。

理由を伝えず断ると、パートナーもビックリして衝撃を受ける場合があるかもしれません。

今は2人での生活を大切に過ごす時期。

性行為以外にも仲良くする方法を色々思案してみましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です