ハローベビーゼリーの使い方と成功確率や成功した人失敗した人の口コミ

スポンサードリンク




ご夫婦の愛の結晶、新しく産まれてくる大切な命。
お腹に新しい生命が宿るのは、お父さんお母さんにとって最大の喜びです。

できれば男の子が欲しい、女の子が欲しいという希望があるご夫婦も多いのではないでしょうか?
もちろん男女どちらの子どもが産まれてきても大切に育てるつもりではあっても、希望を持つことは悪いことではありません。

ハローベビーゼリーは、新たにお父さんお母さんになる皆様の希望を叶えるお手伝いをします。

もくじ

ハローベビーゼリーは本当に効果があるの? そもそもどういうもの?

ハローベビーゼリーを使えば、男女の産み分けの後押しになります。

とても使いやすいと評判で、多数のご夫婦から喜びの声が上がっています。

ハローベビーゼリーは男女の産み分けを手助けする潤滑ゼリー

ハローベビーゼリーは男女の産み分けを手助けする潤滑ゼリーです。
ご夫婦で性交渉を行なう前に潤滑ゼリーとして、奥さんの膣に注入しておくことで、男女の産み分けの一助となるべく開発された商品になります。

男の子が欲しいご夫婦は『ハローベビーゼリーボーイ』
女の子が欲しいご夫婦は『ハローベビーゼリーガール』

それぞれご希望の商品を夜の営みでお使いください。

ノーマルハローベビーゼリーとプレミアムハローベビーゼリーの違いはこれだ

ハローベビーゼリーには、ノーマルの他にプレミアムハローベビーゼリーが存在します。
プレミアムハローベビーゼリーはどう違うのでしょうか?

実は、男女の産み分け効果には大きな違いはありません。
プレミアムは精子が卵子に到達しやすくなるよう、粘度を調整した上で、男性のエネルギー源であるフルクトースを配合しているのです。

そもそも、妊娠できなければ男女の産み分け以前の問題です。
プレミアムハローベビーゼリーは、ノーマルハローベビーゼリー使用時以上に赤ちゃんが授かるお手伝いをしてくれるのです。

ハローベビーゼリーの成功率はどのくらい? 100%産み分けられる?

ハローベビーゼリーを使った産み分けの成功率はどのくらいなのでしょうか?
現在の医学ではさすがに100%の産み分けは不可能ですが、公式サイトによれば、78%の産み分け成功となっています。

そもそも、男女が生まれる可能性は何もしなければほぼ半々、つまり50%です。
ハローベビーゼリーを使えば、それが78%までUPします。
単純計算で28%UPですね。

これを『素晴らしい効果』と考えるか、あるいは『どうせ28%UPか』と考えるかは人それぞれでしょう。
もし、残りの22%は絶対に受け入れられない。100%でなければ産み分けゼリーなんて意味がないと思われるならば、今の医学ではどうにもならないと申し上げざるをえません。

どうしてハローベビーゼリーを使うと男女を産み分けられるのか。その仕組みは?

スポンサードリンク


男女産み分けゼリーというけれども、一体どうやって産み分けるのでしょうか?
そもそも赤ちゃんの性別はどうやって決まるのかを含めて、仕組みを見てみましょう。

新生児の性別は精子の染色体によって決まる

赤ちゃんの性別は、卵子に受精する精子の種類によって決まります。
具体的には、精子の染色体がYかXかです。

人の性別を決めるのは染色体です。
女性はXX、男性はXYの染色体を持ちます。

卵子は女性側の肉体がつくりますから、当然染色体は全てXになります。
一方、精子は男性側の肉体が作りますから、Xの染色体を持つものと、Yの染色体を持つものにわかれます。

ここではそれぞれをX精子、Y精子と呼ぶことにしましょう。
X精子と卵子が結合すると、胎児の染色体はXXになります。つまり女の子になるわけです。
一方で、Y精子と卵子が結合した場合は胎児の染色体はXYとなり、男の子が誕生します。

逆に言いますと、女の子が欲しければX精子を、男の子が欲しければY精子を受精させる努力をするべきということになります。

2種類の染色体の特徴はこれだ

Y精子とX精子があるのは理解できたとして、一体どうやって受精する精子を仕分ければ良いのでしょうか。
それを考えるために、まずはY精子とX精子それぞれの特徴を抑えておきましょう。

Y精子の特徴 X精子の特徴
赤ちゃんは男の子になる 赤ちゃんは女の子になる
数が少ない 数が多い
アルカリ性の環境に強い 酸性の環境に強い
運動能力が高い 運動能力が低い
1日程度で卵子との結合能力を失う 2~3日程度で卵子との結合能力を失う

近年行なわれている男女の産み分けとは、Y精子とX精子それぞれの特徴を元に、希望の精子が卵子と結合しやすい環境を作ることが基本方針です。
大昔のまじないのような非科学的な男女産み分けではなく、医学的、あるいは科学的根拠に基づいた産み分け方法なのです。

ハローベビーゼリーはpH値を調整して産み分けを手助けする

Y精子とX精子の特徴をふまえた上で、ハローベビーゼリーはどうやって男女の産み分けを手助けするのか、改めて考えてみましょう。

結論を言えば、ハローベビーゼリーは膣内のpH値を変化させることで産み分けを実現します。
化学の時間を思い出してください。pH値とは要するに酸性、アルカリ性の値のことですね。

Y精子はアルカリ性の環境に強いのですから、男の子を産みたければ膣内をアルカリ性にすればいいわけです。
ハローベビーゼリーボーイは、膣内を弱アルカリ性にすることで、男の子が産まれやすい環境を作ります。
ハローベビーゼリーガールはその逆。膣内を弱酸性にすることで、女の子が産まれやすい環境を作るのです。

ハローベビーゼリーの使い方はとっても簡単

ハローベビーゼリーの使い方はとっても簡単です。
これから使い方のご説明を致しますが、簡単すぎて拍子抜けするかもしれません。
特に、産婦人科で処方されるピンクゼリーを使ったことがある方は、驚かれることでしょう。
ハローベビーゼリーはピンクゼリーと違って湯煎なんて必要ないんです。

難しいことは何もなし。ハローベビーはこうやって使おう

ハローベビーゼリーは下の画像のような容器に入っています。

形を見て戴ければピンとくるかもしれませんが、容器を入れ替える必要なく女性の膣へと直接注入できます。
1回ごとの液が最初から入っており、自分で容器に入れる必要はありません。
もちろん、湯煎なんていう面倒な作業もいりません。

それでは具体的に使用方法を見ていきましょう。

まずは容器のキャップ(先端の蓋)を取ります。

この時、液が漏れないよう、先端を上にしておくことをオススメします。

次に、容器を膣に挿入します。

あとは注射器のようにピストンを押すだけで、簡単にゼリーを注入できます。

簡単すぎますか?
でも、ごめんなさい。本当にこれだけなんです。
使いやすすぎて、これ以上説明することがございません。

なお、挿入するときは横になって行うことを公式ページでは推奨しています。

私も横になって注入する方が楽だと思いますが、自分ではやりにくいという場合は旦那様に協力していただくのも一つの手かもしれませんね。

ハローベビーゼリーを使うタイミングは?

スポンサードリンク


ハローベビーゼリーは具体的にどのタイミングで使えば良いのでしょうか?
答は性交を行う直前です。

できればベッドの上で注入するのがよいでしょうね。
トイレで注入してからベッドに移動しても構いませんが、膣から少し漏れてしまう可能性はあります。

なお、ごくまれに性交後(射精後)に膣にゼリーを注入される方がいるようですが、これは誤った使い方です。
このような使い方ではハローベビーゼリーの効果は半減以下です。産み分けにはほとんど役に立たなくなってしまうと考えて良いでしょう。

ハローベビーゼリー3つの特徴

ハローベビーゼリーは使い方が簡単なだけではありません。
様々な特徴があるからこそ、多くの方に選ばれているのです。
ここではハローベビーゼリーの特徴を3つあげてみます。

メイドインジャパンだから安心・安全

ハローベビーゼリーは国産商品です。

外国産だから安全でないとは申しません。
ですが、やはりメイドインジャパンは世界のブランドです。
従来の産み分けゼリーの中には、外国産の物や、そもそもどこで作っているのか分からないものもあります。
ハローベビーゼリーは純国産商品ですから、安心・安全なのです。

赤ちゃんとお母さんの大切な健康を守るためにも、メイドインジャパンのハローベビーゼリーをオススメします。

購入特権のハローベビーチェッカーで最適なタイミングを計れる

スポンサードリンク


ハローベビーゼリーには購入者特権で、『ハローベビーチェッカー』をダウンロードできます。

男の子を妊娠しやすい日、女の子を妊娠しやすい日とアプリが教えてくれますから、産み分けが成功する可能性がさらに高まります。
ハローベビーゼリーのお供に、ぜひハローベビーチェッカーをご利用ください。

こぼしてしまってもベタつかないから使いやすい

ハローベビーゼリーは潤滑ゼリーでもあります。
潤滑ゼリーをシーツや床にこぼしてしまうと、ベタベタして困ってしまうことがありますよね。
せっかくご夫婦で夜のコミュニケーションをとろうとしているのに、ゼリーの掃除をしなければならなくなってしまっては興醒めです。

ハローベビーゼリーは比較的サラッとしていてベタつきません。
もちろん、後で洗濯は必要かもしれませんが、掃除に手間取って心と体がさめてしまったなんてことにはなりません。

病院で処方されるピンクゼリーよりも、ハローベビーをオススメしたい理由

実は男女産み分けゼリーは産婦人科で処方してもらうこともできます。
病院で処方してもらえるならば、それが一番安全で確実なのではないかと思われる方も多いと思います。

確かに一般的な病気のお薬であればその通りです。きちんとお医者さんに診察していただいて、個々人の症状にあったお薬を処方してもらった方が安心・安全でしょう。
しかし、男女産み分けゼリーに限っては病院での処方がオススメできない理由があるんです。

男女産み分けゼリーは医薬品ではない

勘違いしがちですが、男女産み分けゼリーは医薬品ではありません。
あくまでも潤滑ゼリーなんです。

そのため、病院でも、個々人の体調に合わせて処方するわけではありません。
ほとんどの病院で処方されるのは『ピンクゼリー』という商品です。
お医者様がどんな診察をしようと、病院でもらえる男女産み分けゼリーはこれになります。

それでも、病院でもらえるゼリーならば性能が良いのでは……と思うかもしれません。
しかし、これが大きな罠なんです。

産み分け率に関してはなんとも言えない(おそらくハローベビーゼリーと大差ない)のですが、病院で処方されるピンクゼリーはとにかく使いにくいんです。

病院で処方されるピンクゼリーは湯煎の必要あり

病院で処方されるピンクゼリーはとにかく使いにくいです。
特に不便と感じるのが以下の3点。

  • 湯煎する必要がある
  • シリンダーで吸い取る必要がある
  • シリンダーは何度も使うため衛生面で不安がある

特に一々湯煎しなければならないのが面倒でしかたありません。
これから夫婦で夜の営みを……とベッドに行く前に、お湯を沸かしてゼリーを湯煎して、シリンダーで吸い取って……なんてやっていられませんよね。
最悪、温度を間違えると指や膣の中を火傷する恐れだってあります。

しかも、シリンダーは毎回同じ物を使うので、使い終わったら熱湯消毒しなければなりません。
熱湯消毒したとしても、保管方法によっては衛生面で不安が残ります。

いかがでしょうか。
使うのが面倒なだけならまだしも、火傷や衛生面の不安まであるとなれば、病院のピンクゼリーを使いたいという方はあまりいないのではないでしょうか。

それに対して、ハローベビーゼリーは本当に簡単に使える上に、使い捨てなので衛生面の不安もありません。
湯煎する必要もないですから、火傷などしようがありません。

病院で処方してもらっても10割負担

それでも、『病院で処方してもらえれば保険が使えるから』……と思ったら大間違いです。
男女産み分けゼリーは医薬品ではないので、健康保険の対象外です。
病院のピンクゼリーも10割負担なんです。

しかも、ハッキリ言ってハローベビーゼリーよりもお高いです。
もちろん、3割負担とはいえ診察代もかかります。

もうしわけないですけど、病院のピンクゼリーを使う価値はほとんどないと考えて良いのではないでしょうか。

ハローベビーゼリーの使用と同時に行ないたい、産み分け率UPの秘策

ハローベビーゼリーを使えば男女産み分けの一助になります。
ですが、男女産み分けのテクニックはゼリーだけではありません。
いくつもの産み分け法を同時に行なってこそ、78%もの成功率になるのです。

ここでは男の子を産みたい場合と女の子を産みたい場合、それぞれ3つのポイントを示します。

男の子を授かるための、3つのポイント

スポンサードリンク


男の子を授かるためにはY精子を卵子まで届けねばなりません。
その為のポイントを3つあげます。

排卵日に性交をしよう

Y精子の特徴として、そのほとんどが射精後1日で卵子との結合能力を失うという点が上げられます。
つまり、Y精子を卵子に届けたいならば、是非とも排卵日に性交するべきなのです。

ハローベビーチェッカーを使うと、排卵日を調べることができますから、その日を狙い撃てばそれだけ男の子を授かる可能性が高くなります。

お母さんが感じるほど男の子が授かりやすい

性交の時に女性が気持ち良く感じますと、膣の中はアルカリ性の環境に近づきます。
Y精子はアルカリ性の環境で元気が良くなりますから、できるだけお母さんが気持ち良く性交することも男の子を授かるポイントと言えましょう。

精子を溜めるために、お父さんは5日間禁欲!

Y精子はX精子に比べて数が少ないです。特に精液が薄くなるとY精子の数が減ってしまいます。
本気で男の子を授かりたかったら、お父さんは5日間以上禁欲してからトライしてください。
もちろん、自慰も我慢です。かわいい男の子を授かるために、ちょっとつらいかもしれませんが耐えましょう!

女の子を授かるための3つのポイント

女の子を授かるためにはX精子を卵子まで届ける必要があります。
今度はX精子を応援するためのポイントを見てみましょう。

排卵日の2日前に性交をしよう

Y精子は1日で卵子との結合能力を失いますが、X精子は2~3日くらい結合能力を有し続けます。
つまり、排卵日の2日前に性交すれば、Y精子よりもX精子が卵子と結合する可能性が増えるわけです。

お母さんが感じすぎない方が女の子が授かりやすい

性交時に女性が気持ち良くなりすぎますと、膣の中はアルカリ性に近づきます。
女の子を授かりたい場合は、少し淡泊に性交した方がいいかもしれません。

精子を薄めるために、お父さんはたくさん射精しておこう

X精子はY精子に比べて数が多いです。また、精液が薄くなってもX精子の数はY精子ほど減りません。
そのため、精液が薄い方が女の子が生まれる可能性が高いと言われています。
日頃から定期的に精液を排出して薄めておくと女の子が授かりやすくなります。

ハローベビーゼリーの口コミ

それではハローベビーゼリーの口コミを具体的に見ていきましょう

産み分けに成功した方の口コミ

まずは、希望が叶った方の口コミです。

3人目にして、待望の男の子を授かりました

上の子2人は女の子でしたので、3人目は男の子をと願っていました。
ハローベビーゼリーボーイを使って、排卵日もきちんと計測してチャレンジしたところ、3人目にして男の子を授かりました。
結果を聞いたとき、涙が出るくらい嬉しかったです。

使いやすいゼリーだからこそ、女の子が産まれるまで頑張れました

女の子が欲しいと願っていたのですが、上の子は男の子でした。
もちろん、男の子だってかわいいのですが、2人目は是非とも女の子を産みたいと思いました。

最初は産婦人科でピンクゼリーを処方してもらったんです。
ですが、私達夫婦にはちょっと合わなかったですね。
やはり、湯煎して吸い取って……という作業が面倒で、夫も待っている間に色々な意味で興醒めみたいになってしまったようです。

私たち夫婦には産み分けゼリーは向いていないのかなと悩んでいたら、友人からハローベビーゼリーを教えられました。
ハローベビーゼリーは使い方がとっても簡単でいいですね。
私たちみたいなものぐさ夫婦でも使いやすいです。

この使いやすさって重要だと思うんですよ。
一々湯煎する必要があるピンクゼリーは、最初の数回は使っても、その後はたぶん使わなくなっちゃうんじゃないでしょうか。
その最初の1回で妊娠できれば良いですけど、何度もチャレンジする場合は、やっぱり使いやすいハローベビーゼリーをオススメしたいですね。

産み分けに失敗した方の口コミ

つぎに、産み分けに失敗された方の口コミです。

排卵日の管理をもっとしっかりやるべきでした

ハローベビーゼリーボーイを使いましたが、女の子でした。
実はゼリーは毎回使っていたのですが、排卵日の管理が少しいい加減だったんです。
もちろん、そのせいで失敗したのかどうかは分かりませんが、もう少しちゃんと管理すれば結果は違ったのかもしれません。

ですが、女の子でももちろんかわいいですよ。
夫婦で頑張った結果、女の子を授かったのだから、それが天の思し召しだったのだと思って、この子を大切に育てたいと思います。

その他の口コミ

最後に現在ハローベビーゼリーを使用中の方の口コミです。

使いやすいのは◎ ゼリーの量がちょっと少ないかな?

ハローベビーゼリーは本当に使いやすいですね。
うちは男の子が欲しいのでハローベビーゼリーボーイを使用しているんですが、本当に負担なく使えます。

ただ、1回分のゼリーがちょっと少ないですね。
私たち夫婦の場合、1回の性交時にハローベビーゼリーボーイを2本使わないと、潤滑ゼリーとして不足です。

注入は簡単ですし、使い心地も良いので1本辺りの量がもうちょっとあれば最高の商品だと思います。

本当に一番大切なことは何でしょう?

ここまで、ハローベビーゼリーや排卵日管理による男女産み分け方法について書いてきました。
ですが、最後に一つだけ申し上げたいことがあります。
それは、もしも望まない性別の赤ちゃんだったとしてもちゃんと愛してほしいということです。

現代の医学ではいかなる男女産み分け方法も100%ではありません。
78%の成功率ということは、逆に言えば22%は願った結果とは違う結果だったということでもあります。

『男の子が欲しい』、『女の子が欲しい』とお父さんお母さんが願うことが悪いとは全く思いません。
しかし、願いと違う結果になったからといって、お子様を愛せず、虐待や育児放棄に走ってしまうのは間違いなく罪だと思います。
産まれてきたのが男の子であろうと女の子であろうと、かけがえのない2人の愛の結晶であり、人格を持った1人の命です。

是非、お子様を愛してください。

まとめ

スポンサードリンク


ハローベビーゼリーを使えば、『男の子が欲しい』、『女の子が欲しい』という願いをかなえる一助になります。
100%の保証はありませんが、チャレンジする価値は十分あるでしょう。
なによりも、願いのために頑張ったという事実が、ご夫婦の絆を強くするでしょう。

絆の強いご夫婦であれば、願った通りの結果であろうとなかろうと、お子様も含め幸せな家族を築けるのではないかと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です