光を使った名前48選~光の意味や由来と読み方を徹底解説!

スポンサードリンク

「光」という漢字について

字画数:6画
音読み:コウ
訓読み:ひか(る)・ひかり
主な名乗り:あき・さかえ・てる・ひろ・み・みつ

「光」の意味や由来や成り立ちと特徴

「光」という漢字は、人の象形と、光の象形からできました。

人の頭の上に火があるというところから「ひかり」という意味ができたそうです。

炎や日のひかり、月のひかり、電灯の明かりなど輝きがあるもののことを意味します。

そこから転じて輝やかしいという意味を持つようになり「栄光」「威光」などの熟語がその例えです。

またきれいな景色にも光という字が使われます。

「観光」「風光明媚」「光景」などがあります。

他には視力のことも光と言います。

使い方としては「怪我で光を失った。」というように使われます。

また視力という意味では監視するというのも光と言い「先生の目が光っている。」というように使います。

他には才能や優れているという意味にも「光」という字は使われます。

「あの子はクラスで1番光っている。」と言われます。

「光」を「てる」と読むのは「光を照らす」というところからそのように読まれるようになったそうです。

それと同じように「みつ」と読むのは「光が満ちる」というところからなのだそうです。

「光」という漢字を名付けに使う時に込められる思い

「光」という漢字は様々な意味を持ちます。

そのため名付けに使う時にも色々な思いが込められます。

「周囲を明るく照らす人になって欲しい」
「輝やかしい人生になるように」
「才能がある子になって欲しい」
「優秀な子になって欲しい」
「笑顔の素敵な子になって欲しい」
「向上心の高い子になって欲しい」
「希望の光になるような子になって欲しい」
「明るい子になって欲しい」

という思いを込められます。

「光」という漢字から受ける印象

「光」という漢字は、キラッと輝くきれいな物をイメージさせます。

明るく元気な印象も受けますね。

「光」という漢字は、名付けでは「こう」「ひかる」「ひかり」「あき」「さかえ」「てる」「ひろ」「み」「みつ」と読むことができます。

「こう」という響きには、しっかり者で頼りになるという印象があります。

「ひかる」「ひかり」という響きには、パワフルで明るく、冷静さと情熱を感じます。

「あき」という響きには、伸びやかで自然体な印象を受けます。

「さかえ」という響きには、爽やかで颯爽としたイメージがあります。

「てる」という響きには、溌剌とした行動派な印象があります。

「ひろ」という響きには、カリスマ性のある努力家の印象があります。

「みつ」「み」という響きには、フレッシュで明るい印象を持ちます。

「光」という漢字は男の子にも女の子にも人気

スポンサードリンク


「光」という漢字は周りを明るく照らす物、その字の持つ意味から男の子の名付けにも女の子の名付けにも人気があります。

「光」と一字で名前にすることもできますし、組み合わせて名付けることもできます。

読み方も多いため名付けの種類も数多くあげられるでしょう。

組み合わせる字によって中性的な名前にも女の子らしい名前にもすることができます。

「光」を使った熟語

栄光(えいこう)

輝かしいこと。

喜ばしいこと。

栄誉なこと。

光臨(こうりん)

身分の高い人が現れること。

光輝(こうき)

光り輝いていること。

名誉があること。

光陰如箭(こういんじょぜん)

月日が経つのは、弓矢が飛ぶようにあっという間に過ぎて行ってしまうということ。

回光返照(かいこうへんしょう)

回光も返照もどちらも日の光の反射。

夕日の照り返しのこと。

自分の行いを振り返り、反省し修行すること。

光焔万丈(こうえんばんじょう)

光焔は、激しく燃え上がる炎。

万丈は、長いこと。

炎が激しく、どこまでも燃え上がるという意味。

「光」の説明の仕方

電話でのやり取りのときに、あなたの名前がどの漢字を使っているか聞かれることがありますよね?

そういったシーンで「光」を説明する例を紹介します。

例えば、

A「名前は、〇〇光といいます。」

と伝えると、

B「〇〇ひかりさんですね。「ひかり」はどういった漢字を使いますか?」

と聞かれた場合、光の部分の説明の仕方としては、

・A「ひかりは、栄光の光です。」
・A「ひかりは、月光の光です。」
・A「ひかりは、観光の光です。」

などが挙げられます。

いくつかパターンを持っておくと、確実に相手に伝わりますよ!

「光」を使った名前の有名人・芸能人

浅香 光代さん
太田 光代さん
草笛 光子さん
坂本 光希さん
高良 光莉さん
森 光子さん

「光」を使った名付け候補

スポンサードリンク


光(ひかり)
藍光(あいみ)
光香(あきか)
光穂(あきほ)
朝光(あさみ)
亜光(あみ)
愛光瑠(あみる)
彩光(あやみ)
歩光(あゆみ)
羽光(うみ)
恵光(えみ)
叶光(かなみ)
来光(くるみ)
瑚光(こあき)
光禾(こうか)
光雅(こうが)
光珠(こうじゅ)
虹光(ここ)
心光(ここみ)
光瑛(さかえ)
光禾(てるか)
光美(てるみ)
七光(ななみ)
希光(のぞみ)
光李(ひかり)
光琉(ひかる)
光衣(ひろえ)
光南(ひろな)
真光(まひろ)
光愛(みあ)
光緒(みお)
光桜(みおう)
光織(みおり)
光姫(みき)
光紗(みさ)
光沙子(みさこ)
光恵(みつえ)
光歌(みつか)
光希(みつき)
光葉(みつは)
光瑠(みつる)
光帆(みほ)
光美(みみ)
光優(みゆう)
光莉(みり)
祐光(ゆうみ)
夢光(ゆめみ)
瑠光(るみ)

まとめ

明るく周りを照らすことができる「光」という漢字をご紹介しました。

名の通り子供に明るい未来を歩んでほしいと願う親御さんにはぴったりの名前だと思いますよ。