セロリの冷凍・冷蔵の仕方と賞味期限って?保存方法と8つのメニュー

スポンサードリンク

独特の匂いが特徴的なセロリ、古代のエジプトでは薬用として使われたことはある野菜です。

茎の部分をだけを食べるイメージですが、葉の部分も香味野菜として使うことができるので捨てないで使ってくださいね。

セロリにも実は種類があって、葉の色が淡い黄色種、濃い緑色の緑色種、中間種の3種類。

日本で売られているセロリは、緑色種がほとんどです。

セロリは買ってきても、すぐにしなってしまうことありませんか?
正しい保存方法で、保存しないとすぐに元気がなくなってしまいます。

ここではセロリの保存方法と消費期限、おすすめのメニューを紹介します。

 セロリはどのくらい日持ちする?賞味期限は10日!

セロリは冷蔵で10日間くらい保存可能ですが、ただそのまま冷蔵庫に入れるだけでは、すぐにしおれてしまいます。

まずは新鮮なセロリの選び方を紹介します。

すが入りやすいセロリは、押してへこまないものを選びましょう。

茎部分は肉厚で固いものが新鮮ですね、筋もはっきり入っていてでこぼこのものがいいでしょう。

葉は緑が濃いもの、そして切り口がみずみずしいもの。

根元が割れているものは、時間がたっている可能性が高いので避けましょう。

 セロリの保存方法!

セロリは冷蔵でも冷凍でも保存が可能です。

セロリの正しい保存方法を見ていきましょう。

 セロリの正しい冷凍保存方法

セロリは長期間使わない場合は、冷凍して保存したほうがいいでしょう。

料理によって使い道が違うので、葉と茎は分けて保存します。

生のまま使いやすいように切って、保存袋に入れて冷凍保存します。

セロリの冷凍での保存期間は、約1ヶ月。

使うときは凍ったまま調理します。

 セロリの正しい冷蔵保存方法

セロリを冷蔵で保存する方法はいくつかあります。

まずは購入してすぐに葉を切り取って、茎と葉は分けましょう。

茎は乾燥に弱いので、キッチンペーパーにくるんでラップを巻いて、なるべく立てて保存します。

キッチンペーパーはぬらして根の部分にあてると、みずみずしさが長持ちします。

野菜室で3~5日が保存の目安。

もうひとつの方法は、茎を食べやすい大きさに切って、水を入れた保存容器に入れて保存する方法です。

水は3日に1回交換しましょう。

この方法だと10日間はおいしく食べることができます。

 ワンポイントアドバイス

セロリは葉の部分を捨ててしまう人も多いですが、洋風料理の香り付けとして大活躍します。

冷凍で保存するときは、葉の部分は別に冷凍用のパックに入れて、使うときは凍ったセロリの葉を手でもみ砕いて使うと、簡単に使うことができるのでおすすめ。

スープに使うとアクセントになっていいですよね。

 冷凍しておいたセロリを使った6つのメニュー

冷凍したセロリは、凍ったまま調理に使います。

葉はもみ砕いて散らしても使うことができます。

おすすめの冷凍したセロリのメニューを紹介します。

 セロリのきんぴら

香りがよいセロリのきんぴらは、豚挽き肉を使って簡単にできる副菜です。

【材料】
冷凍セロリ 1本
豚ひき肉 50g
ピーマン 2個
ごま油 大さじ1
★ 酒 大さじ1
★ しょうゆ 大さじ1
★ 砂糖 大さじ1
① セロリは筋を取って3cmの短冊切りにして、冷凍したものを使います。

葉の部分もざく切りにしたものを使います。

② ピーマンは種を取り除いて、細切りにします。

③ フライパンにごま油を入れて熱し、ひき肉をいためて、セロリは凍ったまま、ピーマンも加えて炒めます。

④ ★の調味料を入れて、汁気がなくなるまで入りにして出来上がり。

 セロリの炒め物

スポンサードリンク


シンプルな炒め物なので、簡単にできて朝ごはんにも最適。

【材料】
冷凍したセロリ 1本分
玉ねぎ 1/2個
ウインナー 4本
① セロリは3mm幅で斜め切りして冷凍保存したものを使います。

② 玉ねぎは5mmの厚さに切ります。

ウインナーソーセージも斜め切りします。

③ フライパンにサラダ油を入れて熱し、玉ねぎ、ソーセージ、冷凍セロリは凍ったまま入れて手早く炒めます。

④ 味付けは酒、しょうゆ、塩コショウなどお好みで味付けしてしゃきっと仕上げてください。

 セロリのスープ

セロリの香りが爽やかなセロリのスープです。

朝に飲むと元気が出ますよ!
【材料】
冷凍セロリ1本分
玉ねぎ 1個
バター 10g
生クリーム 100ml
鶏がらスープの素 大さじ1
塩コショウ 少々
① セロリはざくきりして冷凍したものを使います。

② 玉ねぎはみじん切りにします。

③ 鍋にバターを入れて、セロリと玉ねぎを入れて炒めます。

④ 鍋に水1カップとスープのもとを入れ、玉ねぎが透き通るまで加熱します。

⑤ ④の実だけを取り出してフードプロセッサに入れて砕きます。

⑥ 鍋に④のスープと、砕いた実、生クリームを入れて弱火で暖め、塩コショウで味付けして出来上がり。

 セロリの葉の炒め物

どこに使えばわからないという人も多い、セロリの葉の部分を使った炒め物です。

【材料】
セロリの葉と細い茎 100g
ちりめんじゃこ 大さじ2
① セロリは、葉の部分を細かく切ります。

さっと熱湯に通して、じゃこは洗って水気をきります。

② フライパンにサラダ油を入れて、セロリとじゃこを炒めます。

醤油とみりんで味をつけて出来上がり。

 セロリのパスタ

シンプルな味付けのパスタで、セロリの風味と香りを味わいましょう。

【材料】
パスタ 70g
玉ねぎ 1/2個
冷凍セロリ 1本
マッシュルーム 1パック
にんにく 1賭け
塩こしょう 少々
オリーブオイル 大さじ1
① セロリは、斜め切りして冷凍したものを使います。

② 玉ねぎは薄切り、にんにくはみじん切り、マッシュルームもスライスします。

③ フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて、香りが出たら、玉ねぎをいためます。

④ セロリも加えて炒め、マッシュルームも入れて炒めます。

⑤ パスタは規定どおりにゆで、パスタのゆで汁を④になじませます。

⑥ 塩コショウで味付けして、パスタに絡めて出来上がり。

物足りない場合は、鶏肉を入れてボリュームを出してもいいですね。

 セロリの葉の味噌汁

セロリの葉の味噌汁は香りがよくてとてもおいしいです。

【材料】
冷凍セロリの葉と細い茎 2本
だし汁 3カップ
味噌 大さじ3
① セロリはざく切りにした葉を冷凍したものを使います。

② 鍋にだし汁を煮立たせて、セロリの葉を入れます。

ひと煮たちしたら火を弱め味噌を入れて、沸騰させないように煮て出来上がり。

 セロリの作り置きメニュー

セロリは炒め物や煮物やスープなど使い道が多いので、作り置きメニューにもおすすめ。

人気のセロリの作り置きメニューを紹介します。

 セロリドレッシング

香辛料が効いたエスニックなドレッシング。

セロリの香りが効いたドレッシングです。

【材料】
セロリ 2本
玉ねぎ 1/2個
★ サラダ油 大さじ5
★ レモン汁 大さじ3
★ 砂糖 大さじ1
★ 醤油 小さじ1
★ カレー粉 小さじ1
★ 塩 少々
★ チリペッパー 少々
① セロリは筋をとり薄切りに、玉ねぎも薄切りにして水にさらします。

② ★の材料を混ぜて、水気をきった玉ねぎとセロリを混ぜ合わせます。

③ サラダにかけて出来上がり

 セロリの浅漬け

セロリが嫌いな方でも食べられる、セロリの浅漬け。

【材料】
セロリ 1本
米酢 大さじ3
砂糖 大さじ2
塩 大さじ1
昆布 適量
① セロリは筋をとって、一口大に切ります。

② セロリ以外の材料をジップロックに入れて混ぜ合わせます。

③ ジップロックにセロリを入れてよくも見ます。

④ 冷凍庫で1日置いて出来上がり。

3日くらいで食べ切ってください。

 まとめ

セロリの保存方法や消費期限、おすすめメニューについて紹介しました。

きちんと保存すると、野菜室でも長い間保存できるのがわかりましたね。

また、セロリの葉も使い道がありますので、上手に料理の香り付けや素材として使ってください。

おすすめのメニューも紹介していますので、参考にしてくださいね!