妊娠初期に茶色いおりものが続く…。茶色のオリモノの原因や影響と3つの対策

スポンサードリンク




妊娠がわかってから、茶色いおりものが続いているけど何か問題があるのかな?

と不安になっている妊婦さんは少なくはありません。

妊娠をしても出血を伴う事もあります。

妊娠中の出血には様々な原因があり、医師ではない人には判断がとても難しいです。

  • 茶色いおりものの原因って何?
  • 妊娠中の出血って危険?
  • おりものの対策を知りたい!

今回は、妊娠中の茶色いおりものが続く場合についてまとめています。

不安に感じている妊婦さんは是非参考になさってください。

□茶色いおりものが出る原因は?

茶色いおりものは、おりものに血が混ざって茶色く見える事があります。

この出血は過去の出血で、体内に残っていた血が体の外へ出てきたものがほとんど。

しかしそんな茶色いおりものも、だらだらと続くと危険な場合もありますので注意が必要です。

■着床出血

妊娠していると判明する前後に、茶色いおりものが出たという妊婦さんも多いと思います。

これは着床出血と言い、少量出血する事がありますがこの着床出血は赤ちゃんに影響があるものではありませんので安心してください。

だいたい1~3日程度でおさまる方がほとんどです。

■胞状奇胎の可能性も

胞状奇胎とは、胎盤をつくる絨毛組織がどんどん増殖してしまい子宮の中に充満してしまう状態の事を言います。

この原因は受精卵の染色体異常によるものです。

しかし、妊娠初期には正常な妊娠との区別がなかなか付きにくい事も。

この胞状奇胎の症状として、茶色いおりものや出血がだらだらと続く事が挙げられます。

何日もおりものや出血が続く場合には、早めにかかりつけの産婦人科を受診しましょう。

■かゆみや悪臭がある場合は要注意

外陰部にかゆみがあったり、おりものから悪臭がする場合には細菌やカンジダによる膣炎の可能性があります。

少しでも異常を感じた場合には、医師へ早めに相談をしましょう。

□出血は危険?異常出血とそうでない出血

妊娠中はおりものが続いたり、おりものに血が混ざっている事もあります。

そんな時に焦らずに対応できるようにしておきましょう。

■異常出血

異常な出血とは、いわゆる流産に関係している出血の事です。

妊娠初期の流産はほとんどが受精卵の染色体異常で、どのような治療をしても流産を止めることはできません。

これはお母さんがどんなに食生活や、毎日の生活の中で気をつけていても防げないものですので、自分を責める事はやめましょう。

少量の出血の場合は、産婦人科へ連絡をしても自宅で経過を見て下さいといわれる事が多いのです。

しかし、注意しなければいけないのは、月経の多い日以上の出血の場合や、強い下腹部痛を感じた時です。

このような場合は流産の可能性もありますので、すぐに病院へ連絡をしましょう。

■危険を伴わない出血

お腹の赤ちゃんが順調に育っていても、出血を伴う事があります。

胎盤のもととなる絨毛組織が子宮の中へと進入するときにも出血が起ってしまう事もあり、その出血が茶色いおりものとして体の外へと排出されることも。

この出血は自然に止まりますし、もちろんお腹の赤ちゃんにも影響はありません。

少量の出血が起る事は妊娠中珍しくはありませんが、自分ではなかなか判断が難しい為に念のため産婦人科医へ相談する事をオススメします。

いつ頃から出血、茶色い織物が続いているなどの具体的な内容を伝えることで正確な判断をしてもらえますよ。

□おりものの対策方法はある?

妊娠中はホルモンバランスの関係で、妊娠前よりもおりものが増える事が一般的です。

そんなおりもの対策はどのようなものがあるのでしょうか?

■清潔を心がけて

スポンサードリンク


まずは何よりも清潔を心がけましょう。

おりものライナーを使用したり、下着が汚れてしまった時にはこまめに着替えたりなどの対策が必要です。

汚れたままの下着や、おりものライナーを替えずにそのまま使用する事は、感染症や膣炎の原因となりますので注意しましょう。

■おりものの変化は要注意

普段からよくおりものを観察している事で、自分の体の変化に気づく事ができます。

通常のおりものは白色から淡黄色で悪臭はありません。

それが、茶褐色になってきたり、ポロポロとしたカッテージチーズのような状態になると要注意です。

おりものから異臭がしたり、形状が変わってきた場合には早めに産婦人科医へ相談するようにしましょう。

■洗いすぎにも注意して

少しかゆみがあるからと言って、トイレのビデを使って膣のなかまで入念に洗う事はオススメできません。

そうする事で、膣の自浄作用を保つ為に必要な菌まで洗い流してしまう可能性があるからです。

普段の入浴の際にお湯で丁寧に洗い流す程度にすると良いでしょう。

【まとめ】

妊娠初期のおりものは、だらだらと長く続く場合には注意が必要です。

普段から、おりものはしっかりと観察をしておき、すこしでも変化があった場合には体からのサインと受け取るようにすると良いでしょう。

異臭や形状が変わった場合には産婦人科医へ相談する事をオススメします。

参考資料

「たまひよ新・基本シリーズ 初めての妊娠・出産」

「HUMAN+ Baby+ お医者さんがつくった妊娠・出産の本」

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です