妊娠初期の肌荒れや乾燥がひどい!影響と皮膚科に行く前に自分でできる3つの肌対策

スポンサードリンク




妊娠をしてからというもの、どうも肌の調子が悪い。

と感じている妊婦さんも多いのではないでしょうか。

  • 妊娠すると肌トラブルが起こりやすい?
  • どんな事に注意するべき?
  • 肌荒れの対策法!

今回は女性にとって、とても重要な「肌」についてまとめています。

肌荒れが気になっている。どうして良いかわからない!とお悩みの妊婦さんは是非参考になさってくださいね。

妊娠初期は肌トラブルが多い?

実は妊娠初期はどうしても肌トラブルが起こりやすい時期とも言えます。

ほとんどの妊婦さんが肌に変化を感じているのが現実です。

妊娠すると肌トラブルが起こる原因は?

まず、ホルモンバランスが急激に変化してしまう事が原因と言えます。

女性のお肌は、プロゲステロンとエストロゲンと呼ばれる2種類の女性ホルモンがバランスを保つことで美しい肌を保っているのです。

しかし妊娠をすると、妊娠を継続させる為に必要な女性ホルモン

「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が大量に分泌されるので、どうしてもホルモンバランスが乱れてしまいます。

黄体ホルモンが大量に分泌される事で、肌は不安定になりべたつきや皮脂の分泌が活発になるので肌トラブルの原因に。

乾燥の原因は?

季節的な物もあるかもしれませんが、中には乾燥に悩んで居る妊婦さんも。

特にもともと敏感肌の方は、どうしても乾燥しやすいです。

皮膚の表面の角層と呼ばれる部分の水分量が減少する事で乾燥が起こり、肌が乾燥してくると角層がカサカサになり、肌のバリア機能が働かなくなります。

肌のバリア機能とは、外部の刺激から肌を守ったり、お肌の水分が逃げていかないようにする機能の事です。

この機能が働かなくなる事で、肌の状態はどんどん悪化していくとも言えます。

そうならない為にもしっかりとスキンケアをする事が大切です。

スキンケアで注意するポイント

妊娠中の肌トラブルを防ぐには、妊娠前よりもスキンケアに力を入れる事が大切になってきます。

洗顔はぬるま湯がオススメ

洗顔をする時、皆さんはどのくらいの温度で洗っていますか?

一番のオススメはぬるま湯です。

熱すぎると必要な油分まで洗い流してしまう場合もあり、乾燥の原因に繋がります。

また、水で洗っているという方は十分に汚れが落ちていない事も。

汚れが残っていると、吹き出物の原因にもなります。

洗顔をするときには、ぬるま湯でしっかりとすすぐという事を心がけてください。

泡が残らないように、しっかりと洗い流しましょう。

洗い残しも肌トラブルの原因に繋がります。

しっかりと保湿をする

洗顔をしたあとは水分が蒸発しやすい状態です。

洗顔後はできるだけ早く保湿をする事が大切。

肌は一人一人性質が違い、乾燥肌の方もいれば脂性肌の方もいらっしゃいますし、Tゾーンのみ部分的に脂っぽいという方もいらっしゃいます。

一人一人にあったスキンケア方法は異なりますので、まずは自分に合ったスキンケアを見つける事が大切です。

妊娠を機に肌の感じが変わる事もありますので、妊娠前と同じスキンケアではトラブルが解決しない事もあります。

一度しっかりとスキンケア方法を見直す事も大切ですよ。

乾燥対策にはマスクがオススメ

肌トラブルにもマスクはとてもオススメのグッズです。

肌が乾燥してしまうと、どうしても肌のバリア機能が下がってしまいます。

そうすると外部の刺激を受けやすくなってしまうので、マスクでしっかりと防ぐ事は大切です。

乾燥がひどいと、少しの風でも刺激になってしまう事が。

刺激から肌を守り、夜はスキンケアをしっかりと行いましょう。

ご自身でしっかりと肌のバリア機能を高めてあげる事はとても大切な事です。

肌トラブル対策3選!

スポンサードリンク


ご自身でできる対策方法をご紹介していきます。

スキンケアをしっかりと見直す

妊娠前と妊娠をしてからでは、ホルモンバランスの乱れから大きく肌質が変わってしまう事があります。

どうしても肌トラブルが改善しない!という方は、スキンケア方法を一度見直してみる事が解決の近道になる事も。

自分の悩みの原因をしっかりと理解して、今の自分に合ったスキンケアを行いましょう。

食事で内面から美しく

しっかりと栄養バランスの整った食事は取れていますか?

妊娠初期は特につわりなどで、栄養が偏ってしまっている事があります。

そうすると、肌もトラブルが起こりがち。

しっかりとビタミンなどの栄養をバランス良く摂取する事で肌トラブルの改善に繋がります。

できるだけ妊娠中は栄養バランスの整った食事を心がけましょう。

エアコンは要注意!

エアコンなどの空調は、乾燥の原因に。

職場でエアコンが効いている場合は特に要注意です。

乾燥しないようにマスクを使用したり、卓上用の加湿器を使うなどの工夫が必要になります。

まとめ

妊娠をするとホルモンバランスの影響で、体の様々な部分に変化がでてしまいます。

しかし、それはお腹の赤ちゃんが元気に育っている証拠。

お母さんは辛い思いをしてしまう事が増えるかもしれませんが、お腹の赤ちゃんの為にも頑張って乗り越えましょう!

参考資料「BEAUTY STEP UP Naris COSMETICS」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です