チンゲン菜の冷凍・冷蔵の仕方と賞味期限って?保存方法と7つのメニュー

スポンサードリンク

チンゲン菜は味に癖がないので、料理に使いやすい中国の野菜。

中国野菜ですが、和食、洋食、中華にもあう、使い勝手がいい野菜です。

栄養も豊富で、カロチンがピーマンの6倍、ビタミンCは白菜の3倍、カルシウムも豊富に入っているので、子供も大人も積極的にとりたいですね。

チンゲン菜は年に8~9回取れるので、いつでもスーパーに並んでいて、熱さに強く、夏場も値段が安定しています。

チンゲン菜は、しゃきっと食感を失わないように保存するのがポイント。

チンゲン菜の正しい保存方法、消費期限、おすすめのメニュー、常備菜など詳しく紹介します。

チンゲン菜はどのくらい日持ちする?賞味期限は5~7日!

チンゲン菜は、葉野菜なので冷蔵庫の野菜室で5~7日の保存期間です。

まずは新鮮なチンゲン菜の選び方ですが、葉の色が濃緑色のもの。

葉にはつやがあって幅広いものがいいですね
チンゲン菜は傷むと、葉の先が黄色く変色しますので、購入するときは注意してください。

また、軸が短めで葉に厚みがあるものが、新鮮でおいしいです。

株の根元がふっくらしているものは、甘みがあります。

チンゲン菜の保存方法!

チンゲン菜を長く保存するためには、どうやって保存するのがいいのでしょうか?
チンゲン菜の正しい保存方法について紹介します。

チンゲン菜の正しい冷凍保存方法

チンゲン菜は購入してすぐに食べるのが一番おいしいですが、食べ切れなかったとき、安く大量に購入したときは、冷凍保存がおすすめです。

冷凍保存するときは、使いやすい大きさに切って生のまま、冷凍用の保存袋に平らに入れて保存します。

また、固めにゆでて水気を絞って、小分けにしてラップに包み保存袋にいれて、冷凍保存する方法もあります。

調理に使うときは、凍ったまま使用してください。

チンゲン菜は冷凍保存で1ヶ月の保存が可能です。

チンゲン菜の正しい冷蔵保存方法

チンゲン菜は冷蔵保存するときは、冷えすぎないように冷蔵庫の野菜室で保存します。

購入した袋のまま、ペットボトルを半分に切ったものに入れて、立てて保存します。

葉野菜はなるべく立てて保存したほうが、鮮度を保ったまま保存することができます。

 ワンポイントアドバイス

チンゲン菜は、よく炒め物に使われる野菜です。

アクが少ないので、生のままでいためることができます。

凍ったチンゲン菜も強火で一気に火を通すと、しゃきっとした食感が残ったまま食べられますね。

長時間炒めると、水分が出て食感が失われますので、注意してください。

 冷凍しておいたチンゲン菜を使った5つのメニュー

チンゲン菜は、炒め物やスープに最適の食材。

おすすめの冷凍したチンゲン菜を使ったメニューを紹介します。

チンゲン菜と豚肉のオイスター炒め

スポンサードリンク


クセがないチンゲン菜は、濃いめの味付けがぴったり、ご飯が進む一品です。

【材料】
冷凍青梗菜 4株
豚肉薄切り 200g
★ 酒 小さじ2
★ 醤油 小さじ2
★ 片栗粉 小さじ2
★ サラダ油 小さじ2
★ しょうが汁 1かけ分
にんにく 1かけ
オイスターソース 大さじ1.5
①チンゲン菜は一口大にざく切りして、冷凍したものを使います。

② 豚肉は一口大に切って★の調味料を下味としてもみこみます。

③ サラダ油を大さじ2フライパンで熱し、チンゲン菜を凍ったまま炒めます。

塩小さじ1/3とお湯2カップを加えます。

30秒ゆでてザルに上げます。

④ 鍋にサラダ油大さじ2を熱して、つぶしたにんにくをいため香りが出たら豚肉を入れます。

⑤ チンゲン菜を戻し、オイスターソース、酒大さじ1、醤油小さじ1、酢小さじ1/4、こしょう少々で調味して出来上がり。

チンゲン菜とひき肉の炒め物

シンプルな塩味の味付けもチンゲン菜にぴったり。

ひき肉は少量でチンゲン菜が主役です。

【材料】
冷凍青梗菜 6株
豚挽き肉 50g
塩コショウ 少々
① チンゲン菜はざく切りして、冷凍したものを使います。

茎と葉を分けておきます。

② サラダ油大さじ1をフライパンに入れて熱し、ひき肉をほぐしながら炒めます。

ひき肉に火が通ったら、チンゲン菜の茎部分を凍ったまま入れいため合わせ、次に葉の部分も入れて炒めます。

③ 塩コショウで調味してできあがり。

チンゲン菜とちくわの炒めもの

ちくわでボリュームアップした副菜。

ピリッと辛い味付けです。

【材料】
冷凍青梗菜 2~3株
ちくら2~3本
にんじん 5cm
しょうがの千切り 1欠片
豆板醤 小さじ1
★ 酒大さじ1
★ 醤油大さじ1
★ 塩コショウ少々
① チンゲン菜は葉と茎に分けてざく切りにし、冷凍したものを使います。

茎の大きいものは縦半分に切ってください。

② にんじんは短冊切りにします。

ちくわ斜めに切ります。

③ サラダ油をフライパンに入れて熱し、豆板醤としょうがを炒めます。

しょうがの香りが出たら、にんじん→チンゲン菜の茎→ちくわ→チンゲン菜の葉、の順番に入れて炒めます。

④ ★の材料で調味して出来上がり。

チンゲン菜のクリーム煮

チンゲン菜はクリームとの相性もよく、とってもおいしいです。

カキのない時期は肉団子や鶏肉でもおいしいです。

【材料】
冷凍青梗菜 3株
カキ 300g
ねぎ 10cm
しょうが1かけ
★ 牛乳 2カップ
★ 中華風だしの素小さじ1
片栗粉 少々
① 青梗菜は根元から2~4つに切って、冷凍したものを使います。

カキは塩水で洗います。

② ネギとしょうがみじん切りにします。

③ 鍋にサラダ油を大さじ2入れ熱して、②をいためて香りが出たらチンゲン菜を加えます。

④ 水1/2カップを加えて煮立ったら★を加えて煮ます。

カキを入れて火を通し、片栗粉を水で溶いてとろみをつけて出来上がり。

 ホタテとチンゲン菜のスープ煮

ホタテの貝柱の缶詰を利用した簡単レシピです。

【材料】
ホタテ貝柱水煮缶 1缶
冷凍青梗菜 8株分
スープ 1/2カップ
牛乳 1カップ
片栗粉 大さじ1/2
① 青梗菜はざく切りにして冷凍したものを使います。

② サラダ油を熱してチンゲン菜を凍ったまま炒めます。

チンゲン菜に油が回ったらホタテ缶の汁ごと入れます。

③ スープを入れて煮立て、塩コショウで味を調えます。

④ チンゲン菜に火が通ったら、火を止め片栗粉を牛乳で溶いてまわしいれます。

⑤ 再び火をいれ、とろみがついたら出来上がり。

チンゲン菜の作り置きメニュー

作っておくと、忙しいときやお弁当に入れることができて嬉しい常備菜。

青梗菜の作り置きメニューを紹介します。

チンゲン菜シューマイ

チンゲン菜のシューマイは見た目もかわいく、簡単なので作っておいてお弁当に入れたいですね、
【材料】
青梗菜2株
豚挽き肉 200g
玉ねぎ1/2個
卵1/2個
パン粉 大さじ2
しょうが汁 小さじ1
片栗粉少々
★ 酒小さじ1
★ 醤油小さじ1
★ 塩コショウ少々
① チンゲン菜は1枚ずつはがして、熱湯でさっとゆでてザルに揚げて冷まして、巻きやすくします。

冷めたら水気を絞ります。

② 玉ねぎはみじん切りにします。

③ ボールにひき肉と卵、パン粉、しょうが汁を入れて★の調味料を加えて混ぜます。

粘りが出るまでよくこねてください。

玉ねぎを加えて皿に混ぜて、一口大に丸めます。

④ チンゲン菜の片側に片栗粉をつけて、③に巻いてください。

⑤ 耐熱容器に④を並べて、ラップをかけて電子レンジで4分間加熱します。

⑥ 熱いうちにたれをかけて出来上がり。

チンゲン菜と生揚げの炒め煮

スポンサードリンク


炒め煮は鶏ひき肉の旨みとコクがプラスされて、とても絶品!

【材料】
青梗菜 2株
生揚げ 2枚
鶏ひき肉 150g
★ 固形スープ 1/4個
★ 砂糖 小さじ1/3
★ しょうゆ 大さじ14.5
★ 塩小さじ1/2
★ 水2カップ
片栗粉 適量
① チンゲン菜はざく切りにします。

生揚げは熱湯をかけて油抜きをして一口大にします。

② フライパンを熱してひき肉をいります。

このとき油は入れません。

ひき肉がポロポロになったら★の材料を加えて、ひと煮たちさせてください。

③ 生揚げを加えて2~3分いて、その後にチンゲン菜も加えてさっと煮ます。

水溶き片栗粉を加えて出来上がり。

 まとめ

チンゲン菜の正しい保存方法、消費期限、冷凍した青梗菜のメニューや常備菜について紹介しました。

葉の柔らかさと、茎のシャキシャキ感がおいしいチンゲン菜は、乾燥しないように保存して、料理するときも工夫が必要でしたね。

チンゲン菜は癖がないので色々な料理に使うことができます。

正しく保存しておいしいチンゲン菜を味わってくださいね!