赤ちゃんはゼラチンをいつから食べて大丈夫?3つの注意点とおすすめレシピ

スポンサードリンク




赤ちゃんはゼラチンをいつから食べて大丈夫?3つの注意点とおすすめレシピ

子どもが大好きなゼリー!…と言ったら原材料には必ず入っているゼラチン。

ゼリーを与えてあげたいけど、原材料のゼラチンはいつから食べられるのでしょうか。

赤ちゃんにゼラチンを与える時の3つの注意事項とおすすめレシピをご紹介します。

この記事のポイントは次の4つです。

  • 赤ちゃんはいつからゼラチンを食べられるのか
  • 食べさせる時の3つの注意点
  • ゼラチンの活用術
  • おすすめレシピ

それでは紹介します!順にみていきましょう♪

赤ちゃんはいつからゼラチンを食べられるのか

赤ちゃんはゼラチンを離乳食完了期のパクパク期(1歳~1歳6ヶ月)から食べられます。

ゼラチンはアレルギーの心配があるので、食べられるのは1歳以降になるのです。

赤ちゃんの未発達な小腸では、ゼラチンの分解は負担が大きいので、それまでゼリーは寒天で作りましょう。

寒天だったら、消化吸収の負担も少なく、アレルギーの心配もないのでカミカミ期(9~11ヶ月)から使用できます。

ゼラチンについて

そもそもゼラチンとは

ゼラチンとは牛や豚の骨や皮、鍵などに含まれているコラーゲン物質のことです。タンパク質の1種からできています。

煮魚や手羽元の甘辛煮を作ったものが冷めるとできる煮こごりが、まさにゼラチンです。

特徴

ゼラチンで作られたものは弾力性と粘性が強いので、やわらかく、プルンとした食感がします。寒天はどちらかと言うとほろほろと崩れるような食感です。

また、泡を抱きこむ力を持っているので、ムースやマシュマロなどのふわふわした食感も可能です。体温で溶けるので、口どけが良いのも特徴の1つ。

出来上がったものを冷凍して、自然解凍すれば元の様にぷるぷるの食感を楽しむことができます。

一方で寒天は冷凍してしまうと、すが入ってしまい、ボソボソとした食感になってしまうので、やめておきましょう。

栄養

ゼラチンにはタンパク質が豊富に含まれています。しかもそのタンパク質は90%がコラーゲン由来のものです。

そして脂質はとても少ないので、美容の味方になってくれます。

コラーゲンは、動物の体内で最も量が多いタンパク質です。

人間の体重のうちの16%はタンパク質でできており、そのうちの20〜40%はコラーゲンでできていると言われています。

コラーゲンには細胞同士や組織同士をつなぐ役割があり、肌にハリを出したり、高血圧の防止、骨粗鬆症の軽減など、若々しさを保ってくれます。

目や皮膚・脳の組織にも、欠かせない成分の1つです。

用途

スポンサードリンク


ゼラチンはゼリーを固める以外にも、日常の中で様々なことに役立っています。

・コンビニでは惣菜やスープなどの見た目や風味を損なわないためにゼラチンで固めていますゼラチンで固めておけば運搬中にも溢れないし、温めた時にも綺麗に溶けます。

・病院ではレントゲンのフィルムに綺麗に色を出すためになられていたり、止血剤の中にも含まれています。

・文房具屋さんでは習字の固形墨や接着剤やガムテープ・研磨材を貼る為など、接着という目的で使われています。

・お肉屋さんでは、ソーセージの中のひき肉をくっつけたり、ハムなどの水分が抜けないよう、ジューシーさを保つ為に使われています。

その他にも錠剤の形成や、湿布などの医療品。鞄に天然皮のようなしっとりした質感を出すためや、化粧品の天然の保湿剤として含まれていることもあります。

ゼラチンは以外にも身近なものなんです。

赤ちゃんにゼラチンを与える時の3つの注意点

1つめは、初めて食べさせる時は少量にしましょう

ゼラチンの食物アレルギーは非常に稀ですが、ないとは言い切れません。

初めて食べさせる時は平日の昼間、余裕がある時。

食べさせる量は少量にしておきましょう。

万が一アレルギー反応が出た場合、すぐ病院に行けるようにしておいてください。

2つめは、市販のゼラチンを含む商品は多様しない。

ゼラチンが食べられるからといって、市販のお菓子を大量に子供に与えてしまうのはやめておきましょう。

市販のものは、糖分も添加物も多く含まれています。

赤ちゃんの頃から糖分が多く含まれた食事をしていると、肥満や低年齢で生活習慣病になりかねません。

また、消化器官が未発達なので、添加物をうまく処理できないということも起こりかねません。

食品添加物とは木の実などから作られるものや化学的に合成されたものです日本では食品衛生法で体に害はないものを使うように決められています。

しかしその中には発がん性の恐れがあるという理由から、海外では禁止されているものもあります。

お菓子はなるべく市販のものではなく、家庭で作ってあげましょう。

3つめは、手づくりゼリーに要注意!

手作りのゼリーを作るときは固すぎないものを、程よい大きさにして与えましょう。

寒天でもゼラチンでも、赤ちゃん用にゼリーを作ってあげるときは硬さに注意しましょう。

あまり固いと、赤ちゃんには飲み込みにくく、誤嚥の危険性もあります。

また大きさも赤ちゃんが食べづらい大きさだと、誤って喉に詰まってしまう可能性もあります。

手づくりゼリーは赤ちゃんが食べやすい硬さで、食べやすいサイズにしてから、与えてあげましょう。

ゼラチンのアレルギー

過去に起きたアレルギー症状

スポンサードリンク


かつては、ゼラチンは人に対してアレルギー性がない、無害なものと言われていました。

今でも様々な製品にゼラチンは使われていますが、過去にはワクチンの添加物にもされていました。

しかし1990年代半ば、ワクチンに添加されていたゼラチンによって、アレルギー症状を引き起こした人が相次ぎました。

それを受けて当時の厚生労働省は、ワクチンにアレルギーの添加をしないように指示し、それ以降はワクチンによるゼラチンアレルギーは発症しなくなりました。

食物アレルギーとして

食物としてのゼラチンアレルギーは、非常に稀です。しかし、0ではありません。

症例数は少ないものの、今後も調査が必要であるとして、ゼラチンは加工食品への表示が推奨されています。

ゼラチン以外にも表示の推奨となっているのが、以下の17品です。

あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご

アレルギーによる症状

食物アレルギーの症状で、最も多いのが皮膚症状です。

皮膚症状には、かゆみ、むくみ、じんましん、皮膚が赤くなる、湿疹、かぶれなどがあります。

その他にも以下のような症状があります。

・目の症状…白目が赤くなる、瞼が腫れる、涙が止まらなくなる、痒くなる

・鼻の症状…くしゃみ、鼻水、鼻がつまる

・口や喉の症状…口の中や喉の違和感、腫れ、イガイガする、喉が痒い

・呼吸症状…息苦しくなる、過呼吸になる、締め付けられたようになる、犬の鳴き声のような咳が出る、咳き込む、声がかすれる

・消化器症状…腹痛、不快感、下痢、嘔吐

通常の場合は、この中から1つの症状が現れますが、これらの症状が次々と起こる症状をアナフィラキシー症状といいます。

そしてそれが進行してくると、アナフィラキシーショックが起こります。

アナフィラキシーショックとは、意識が朦朧とし呼びかけても応答しない大変危険な状態です。

アレルギーは、その食材の調理状態や食べた本人の体調によって症状が変わります。

疲れていたり、風邪をひいていると症状は重症化しやすいので、赤ちゃんに新しい食材を与える時は、機嫌のいい元気な時にしましょう。

対応と治療

アナフィラキシー症状が出たらすぐに救急車を呼ぶか病院に連れて行きましょう。

そのままアナフィラキシーショックを起こしてしまう可能性があります。

対応が遅れてしまうと死に至る恐れもあるので素早く対処しましょう。

また皮膚症状や下痢などの場合は、他の要因も考えられるので、しばらく様子を見てみましょう。

中々治らなかったり心配な場合は、病院に連れて行きましょう。

食物アレルギーと診断された場合は専門医の指示を受け、除去食や負荷試験や延期などの治療を進めていきます。必要な場合は薬を使うこともあります。

ゼラチンのレシピをご紹介!

ゼラチンの種類や注意点・保存方法、ゼラチンを使ったおすすめレシピを紹介します!

種類

スポンサードリンク


・粉ゼラチン

好きな量を使うことができ、家庭でも扱いやすいモノ。

ふやかすのも簡単で、ムラなく溶かすことができます。

使用量の目安は、固めたい液体の量の1〜3%程度加えます。

例えば、100mlの液体をゼリーにする場合は1〜3グラム程度のゼラチンを加えます。

加える前に50~60℃くらいのお湯で溶かすか、水を入れてレンジで500W30秒ぐらいで溶かすこともできます。

・板ゼラチン

粉ゼラチンよりも透明感を出したり、なめらかな食感に仕上げる上級者向けのもの。

保形性があり、1枚あたりの重量がほぼ決まっているので、測りやすいが溶かす作業が少し手間です。

氷水に1〜2分ほど浸けてふやかし、よく絞ってから60℃に温めた液体に入れて溶かします。

ゼラチンを使う時の注意

・ゼラチンにしっかり水を含ませ、加熱すること。

混ぜた時に粉が残っていたり、加熱温度が足りないと、うまく固まらないことがあります。

・生のパイナップルやキウイ、いちじくでゼラチンが使用出来ない場合があります。

これらのフルーツにはタンパク質の分解酵素が含まれていて、ゼラチンを使っても固まらない場合があります。

果物を加熱するか、缶詰の商品を使うとゼラチンが機能できます。

実は缶詰の商品は、すでに加熱されているのです。

・レモンやオレンジ、梅の果汁などの酸味、酸の強い果物もゼラチンを分解する作用があります。

これらは加熱しても変わらないので、果汁量の使用を少なくする必要があります。

保管方法

ゼラチンを保管する時は、次の4つに注意してください。

1.50°以上の高温での長期保存は避ける。

2.直射日光や紫外線に当てない。

3.容器は密閉し、吸湿しないようにする。

4.塩素など他の物質を溶かす、有機溶剤と同じ場所に保存しない。

つまり一般家庭では、密封して冷蔵庫の中で保存すれば問題ありません。

おすすめ簡単レシピ!

かぼちゃプリン

材料:ゼラチン…5g

かぼちゃ(皮と種を外して)…300g

牛乳…150ml

砂糖…大さじ1

作り方:1.かぼちゃは種を取り除いて耐熱容器に入れ、ラップをして500Wで6分加熱する

2.竹串が通るくらい柔らかくなるまで加熱する。足りない場合は、10秒ずつ加熱を足す。完全に火が通ったら皮を取り除いて、実をフォークなどでなめらかにないよう潰す。

3.鍋に牛乳と砂糖を入れて弱火にかける。

4.ゼラチンを入れてよくかき混ぜる。

5.鍋に2のかぼちゃを入れて、よく混ぜる。

6.型に流し込み、冷蔵庫で2時間ほど冷やす。

カラフルフルーツゼリー

スポンサードリンク


材料:ゼラチン…10g

ゼラチン用の水…50ml

水…500ml

フルーツ缶詰…1缶

砂糖…大さじ2

作り方:1.ゼラチンとゼラチン用の水を別に皿に入れ、電子レンジ500Wで30秒加熱する。フルーツ缶詰は水をきっておく。

2.型に水とフルーツ缶詰と砂糖とゼラチンを入れて混ぜる。

3.冷蔵庫で2時間ほど冷やす

上記のレシピを寒天で作る場合は、ゼラチンよりも分量を少し減らします。

そして寒天は90°以上のお湯で溶けるので、しばらく鍋でグツグツと煮る必要があります。

牛乳は煮ると分離してしまうので、別の鍋で寒天だけ溶かしてから足すようにしましょう。

また、この他にもゼラチンは様々な用途があります。

ご飯を炊く時に少量入れると、お米にツヤが出たり、ハンバーグを作るときに少量入れると、肉汁が逃げにくかったりするなど、大人のご飯でも大活躍です。

ゼラチンはコラーゲンを摂取できるだけでなく、料理をおいしく仕上げてくれる優れもの、上手に付き合いましょう♪

まとめ

赤ちゃんはゼラチンを一歳以降から使用することができます。

ゼラチンにはアレルギーの心配があったり、たんぱく質の消化をすのに一歳以降からが適正とされています。

市販のゼリーは糖分が高くて、添加物も多く含まれているので、できるだけ家庭で手作りしたものを与えてあげましょう。

ゼラチンはゼリー以外にも様々な用途があります。ぜひ色々と試してみてください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です