赤ちゃんの離乳食でカニカマはいつから食べて大丈夫?2つの注意点とおすすめレシピ

スポンサードリンク




カニ風味のかまぼこである「かにかま」は、サラダやスープ、酢の物などで親しまれています。

赤色の綺麗な色をしているので、彩りを加えたいときなどにも使われますね。

かにかまというから、蟹でできていると勘違いしそうですが、実際に原材料をみてみると、魚肉や卵白、添加物や調味料を使ってできています。

中には蟹のエキスが入ったものもあり、蟹の風味を楽しむことができます。

ふんわりとして食べやすく、調理もしやすく、噛む力が弱くても食べられる食品なので、赤ちゃんにとっても食べやすそうなのですが、どうなのでしょうか?

「赤ちゃんはいつからかにかまを食べてもいいの?」

「赤ちゃんにかにかまを食べさせるときに気を付けることはある?」

「かにかまを使った離乳食のレシピが知りたい!」

など、赤ちゃんに初めてかにかまを食べさせようとすると、色々な疑問や不安が出てきます。

しっかりと解決して、知識を得たうえで食べさせた方が安心ですね。

今回は赤ちゃんとかにかまについて、下記の内容で詳しくご紹介していきます。

・赤ちゃんがかにかまを食べられる時期
・かにかまを食べさせるときの2つの注意点
・パクパク期のおすすめレシピ

離乳食作りに悩んでいるお母さんや、メニューのレパートリーを増やしたいと考えている人、かにかまを食べさせるか迷っているお母さんたちの参考になれば嬉しいです♪

赤ちゃんはかにかまをいつから食べても大丈夫なの?

食べやすさから見てみると、かにかまは離乳食に向いていそうに思えます。

加工されているので、そのまま使うこともできますし、何より調理の手間がかからずに便利です。

しかし、かにかまは、食塩や砂糖、油などの調味料や、着色料や香料などの食品添加物が含まれているものがほとんどで、離乳食向きではありません。

味覚を形成していく幼児期にとっては塩分量が多すぎますし、内蔵機能が未熟な赤ちゃんの胃腸にも負担をかけてしまいます。

また、食品添加物も小さなうちはあまり食べてほしくないもの…。

そのため、もし食べさせるのであれば、1歳以降の離乳食完了期「パクパク期」に、ごく少量を、たまに食べさせる程度にした方がよいでしょう。

その際にも、できれば熱湯を回しかけるなどして塩抜きしてから食べさせてください。

また、かまぼこ・ちくわなども同じく、塩分などの調味料や添加物が含まれているので、離乳食が終わってから少しずつ食べ始めるようにします。

赤ちゃんにかにかまを食べさせるときに気を付けてほしい2つのこと

特定原材料が含まれている

アレルギーを発症しやすいとして厚生労働省が出し、表示が義務付けされている特定原材料。

かにかまには、主に「小麦、卵、大豆、かに」の4種類のアレルギーになりやすい物質が含まれています。

かに、そのものを使用したかにかまはほとんどないのですが、かにエキスが入ったものがあるので、甲殻類アレルギーを引き起こす可能性があります。

初めてかにかまを食べさせる前に、この4つの食材において、赤ちゃんのアレルギーがないかを確認しておいてから、食べさせる方が無難ですね。

アレルギーの症状としては、口周りのかゆみや腫れ、蕁麻疹、下痢や嘔吐などがあり、重度の場合には呼吸困難やアナフィラキシーショックを起こす危険性もあります。

この症状が、食べた後すぐに出る場合もあるのですが、何日かたってから症状がでる例もあります。

もし、アレルギーの症状と疑われる症状が出た場合には、早めにかかりつけ医に相談するようにしてください。

塩抜きをしよう

スポンサードリンク


先ほどお話しましたが、かにかまには多くの塩分が含まれています。

離乳食完了期のパクパク期の赤ちゃんの1日あたりの塩分量としては、3g未満を目安とします。

パクパク期以前は1.5gが塩分量の目安なので、3gよりも少なめがよいですね。

かにかまは減塩のものもありますが、100gあたり1.5~1.9gほどの塩分が含まれています。

100g食べさせることもあまりないとは思うのですが、1日の食事から考えて、かにかまで塩分を多くとってしまうと、他のおかずで塩分が摂れなくなってしまうので、

かにかまは塩抜きをしてから食べさせるとよいでしょう。

パクパク期(1歳~1歳半頃)のおすすめレシピ

かにかまとじゃがいものおやき

<材料>

・じゃがいも 3個
・かにかま 2本
・コーン 大さじ1
・青のり 適量
・片栗粉 小さじ2
・マヨネーズ 小さじ1
・牛乳 大さじ1

<作り方>

1.じゃがいもは皮をむいて適当な大きさに切りやわらかく茹でて、マッシュします。
2.かにかまは1㎝ほどに切ってほぐします。
3.1にかにかまとコーン、青のり、片栗粉、マヨネーズ、牛乳を加え、良く混ぜます。
4.食べやすい大きさに成形して、テフロン加工のフライパンで、両面をこんがりと焼けば出来上がりです。

かに玉風の卵とじ

<材料>

・かにかま 4本
・キャベツ 2分の1枚
・玉ねぎ 4分の1個
・卵 1個
・グリンピース 大さじ2
・水 60㏄
・砂糖 小さじ1.5
・ケチャップ 小さじ1.5
・醤油 小さじ2

<作り方>

1.キャベツと玉ねぎはみじん切りにします。
2.鍋に水をいれて、1とグリンピース、1㎝に切ってほぐしたかにかまをいれて茹でます。
3.砂糖とケチャップ、醤油はまぜておきます。
4.鍋の水分が減ってきたら、3の調味料と溶き卵を加えて混ぜます。
5.卵にしっかりと火が通ったら出来上がりです。

かにかまと豆腐のあんかけ

<材料>

・絹ごし豆腐 80g
・ブロッコリー 大さじ1
・コーン 大さじ1
・えのき 大さじ1
・かにかま 1本
・水 200㏄
・ベビー用粉末だし 小さじ2分の1
・めんつゆ 大さじ1
・みりん 大さじ1
・片栗粉 小さじ1.5
・水 小さじ2

<作り方>

1.野菜は柔らかくなるまで茹でておきます。
2.鍋に水200㏄をいれて沸騰させ、豆腐、野菜、粉末だしとめんつゆとみりんをいれて煮ます。
3.ひと煮立ちさせたら火を止めて、水溶き片栗粉をいれてとろみを付けます。
4.粗熱が取れたら器にいれて完成です。

まとめ

スポンサードリンク


彩りよく、調理もしやすいかにかまですが、アレルギーの心配性と、調味料や添加物が含まれていることから、

食べさせるときには少しの量を、たまに、そして1歳以降に食べさせるようにしましょう。

慌てて無理に食べさせる必要はありません。

離乳食に色を付けたいときや、お祝いのときなどに使ってみてくださいね♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です