妊婦はミントを食べちゃダメ?妊娠中のミント3つの注意点と影響

スポンサードリンク

妊娠中は食べてはいけないもの、食べる時に注意が必要なものなど妊娠前と比べていろいろと気を使いますよね。

元気な赤ちゃんを無事に産みたい。

どの妊婦さんもこの一心で食生活などに気を配っているのではないでしょうか。

食べ物や飲み物、ハーブなどの中には妊娠中は摂取してはいけないものがあります。

それは妊婦が食べたり飲んだりすると、お腹の赤ちゃんに悪い影響を与えたり、早産や流産の原因になってしまったりするからです。

それではミントは妊婦が食べても良いのでしょうか。

実は妊婦がミントを食べたり使用する時には3つの注意点があります。

・食べ過ぎない

・お腹が張ったらやめる

・アロマは使用禁止

妊婦がミントを食べたり、使用する時はこの3つの注意点を守るようにしてください。

○お口の中すっきり!ミントの効能

ミントといえば、ミントティーやスイーツの上に乗っているものというイメージが強いですね。

ミントアイスやガムなどの味でもよく見かけますが、なかなかミントをそのまま食べることはしないと思います。

ミントティーなどは後味もすっきりしていて好んで飲む方も多いでしょう。

昔懐かしいハッカ飴などもありますね。

そんなミントにはどんな効能があるのでしょうか。

・メントールで抗菌作用

ミントは食べるとスーっとしてすっきりしますよね。

あのスーッとする感じはメントールが多く含まれているから。メントールは抗菌作用があり血管を広げる作用もあります。

眠気覚ましや口臭予防などにもメントールは効果的。

ミント味のガムや、ミンティアのようなミントタブレットは、手軽に眠気覚ましや口臭予防になるので人気ですね。

妊婦さんもこういった形状ならば、食べ過ぎなければ問題なく食べられます。

・フラボノイドで老化防止

フラボノイドとはポリフェノールの1種で細胞の老化防止にやがん予防にも効果的と言われています。

血圧の上昇やアレルギーの改善など様々な効果があります。

ミントにはこのフラボノイドも豊富に含まれています。

・タンニンで美肌効果

ミントに含まれているタンニンはメラニン細胞の活性化を抑え、シミの予防の効果があります。

また、毛穴を引き締める効果もあるため美肌効果が期待できます。

・アレルギー改善!ミントポリフェノール

ミントにはミントポリフェノールという成分が入っています。

このミントポリフェノールはアレルギー症状を改善してくれる効果が期待できます。

このため、ミントは花粉症の方などにオススメです。

・ビタミンCでストレス軽減

ミントにはビタミンCも含まれています。

ビタミンCは美肌効果があり女性に嬉しい成分です。

ストレスを和らげてくれる効果もあるので、イライラしている時などはビタミンCを多く摂ることがオススメです。

妊婦にもいろいろと嬉しい効果がたくさんあるミント。

実は妊娠初期のつわりにはミントが効果的なんです。

あのスーッとした感じが妊娠中のつわりの気持ち悪さを軽減してくれます。

○必ず守って!妊婦がミントを食べる時の注意点

ミントには妊婦にも嬉しい効果がたくさんありました。

妊婦でもミントを食べたくなりますよね。

夏場であれば、ミントアイスですっきりしたくなるのではないでしょうか?

しかし妊婦がミントを食べる時には3つの注意点があります。

・食べ過ぎない

スポンサードリンク


妊婦はミントを一切食べてはいけないということはありません。

しかし、妊婦がミントを食べる時は食べ過ぎないように注意する必要があります。

ミントには妊婦に嬉しい効果もたくさんありましたが、妊婦に怖い効果もあるためです。

それは子宮を収縮させてしまう作用。

子宮が収縮するということは流産や早産の危険性があるということです。

人間が出産をする時は子宮が収縮して赤ちゃんを外へと出すのです。

(これを陣痛と言います)

この子宮収縮をお産のタイミングでなはないのに起こしてしまうとお腹の赤ちゃんに危険が及んでしまいます。

そういったことからミントは食べ過ぎてはいけないのです。

少量食べたり飲んだりするくらいでしたら問題ありません。

例えばミントガムやハッカ飴、ミントタブレット程度ならば問題なく普通に食べられます。

ミントティーは成分が多く出ているので1日1杯まで、毎日は飲まないと決めて飲みましょう。

ミントアイスに関しても、食べることに問題はないもののアイス自体が冷たい食べ物。

冷えを招きかねませんので食べすぎには十分注意してくださいね。

関連記事 妊婦はアイスを食べちゃダメ?~妊娠中のアイスクリーム3つの注意点

・お腹が張ったらやめる

ミントには子宮を収縮させる作用があり、妊婦がたくさん食べるのは危険ということがわかりました。

子宮が収縮するというのは感じ方でいうと下腹部が張ったような感じです。

もしもミントを食べていて下腹部に張りを感じたら、子宮が収縮してしまっていますので、すぐに食べるのをやめてください。

安静にしてお腹の張りが治れば問題ありませんが、張りが強くなったりなかなか治らない、痛みが強いなどの場合は赤ちゃんが心配ですのですぐ医師に相談してください。

・アロマは使用禁止

ミントのアロマオイルもあり、頭をすっきりさせてくれるので人気があります。

しかし、妊娠中はミントのアロマオイルの使用はよくないとされています。

やはり子宮収縮作用があるためです。

妊娠中のアロマは専門家や医師に相談して正しく使用することが大事です。

○妊婦にも良い効能のあるミント。注意点は必ず守って!

ミントの効能は妊婦に嬉しいものもたくさんありました。

特につわりを軽減してくれるのでつわりの間ミントガムを噛んでしのいでいる妊婦さんも多いようです。

しかし、妊婦がミントを使用する際には注意点が3つあります。

・食べ過ぎない

・お腹が張ったらやめる

・アロマは使用禁止

ミントに含まれる成分には子宮収縮を促す作用のものがあり、妊娠中は注意が必要です。

必要がなければ妊娠中のミントは控えたほうが安心ですね。