出産後の性行為はいつからして大丈夫?妊娠、出産後のセックスと出血する時の対処法

スポンサードリンク




出産を無事に終え、赤ちゃんとの生活がスタートする産後。

そんな出産後のひとつの悩みとして挙げられるのが、出産後の性行為の再開です。

全く問題なく出産後も今までどおり性行為を自然に再開できる夫婦もいれば、どのタイミングで性行為を再開すればいいのか迷っているという夫婦もいるでしょう。

特に女性は、出産後に気持ちの変化があったり体調も不安定だったりと、なかなか性行為に積極的でなくなるケースも珍しくありません。

・出産後の性行為はいつからOK?
・セックスで出血?!対処法を知りたい!
・出産後の性行為、注意点はある?

出産後の性行為は、周りの人にはあまり聞くことができないデリケートな話題です。

それでもほかのカップルがどのように出産後のセックスを再開しているか気になりますよね。

いつから再開していいのか、気を付けるポイントなどを合わせて紹介しますので、出産後の性行為の再開の参考にしてみてくださいね。

出産後の性行為はいつから再開してもいいの?

出産後はいつから性行為を再開してもいいのか迷っている人もいるかもしれませんね。

出産した病院を退院するときに主治医や助産師から説明があるところもあるでしょうが、一般的には産後1か月を目安に性行為を再開することができるとされています。

私も退院するときに助産師さんから説明があり、産後の1か月健診で特に問題がなければ、性行為を含め出産前と同じ生活をしてよいと言われました。

・会陰切開した部分がきちんと治っている
・子宮の収縮が正常に進んでいる

などが条件のようです。

帝王切開の場合、お腹の傷の治りによっては性行為の再開を遅らせたほうがいいというケースもあります。

体調が良く気持ちも前向きであれば、産後1か月を目安に性行為を再開するといいでしょう。

お母さんには不安もいっぱい!?

出産後のセックスでは、男性よりも女性のほうが不安を感じているケースが多いです。

・会陰切開した部分が気になる
・痛みを感じたらどうしよう
・出血しないか不安
・赤ちゃんが気になる

など、女性は出産をすると体も変わりますし気持ちも大きく変わります。

今までどおりのセックスができるか不安という人もいるでしょう。

もし不安に感じることがあれば、パートナーに正直に気持ちを伝えてみてはいかがでしょう。

妊娠中よりも出産後のほうがナーバスになってしまう人も少なくありません。

お互いの気持ちが一致した時にセックスできることが理想です。

産後の性行為の再開のきっかけは?

産後の性行為の再開に不安を感じている女性でも、性行為を再開したことに何かきっかけがあるはずです。

・二人目が欲しかったから
・夫に誘われたから
・スキンシップのひとつ
・浮気防止

出産後の性行為の再開のきっかけはそれぞれですが、実は意外に多いのが『二人目を意識したから』ということでした。

産後1か月から再開OKではありますが、再開の時期も赤ちゃんとの生活が慣れてきた3か月~6か月頃という夫婦が多いようです。

このころになると心も体も安定してくるので、性行為もスムーズに再開できるかもしれませんね。

出産後の性行為で痛みや出血が!どう対処したらいい?

スポンサードリンク


出産後のセックスは、いわゆる『セカンドバージン』です。

出産により膣内の環境も大きく変わっていますから、痛みや出血があることも珍しくありません。

出産後の性行為で痛みや出血があった場合は、あせらずに次のような対処法をとってみてください。

・パートナーに痛みがあることを伝える
・潤滑油を使って痛みを軽減!
・出血がある場合はどのくらい出ているのかチェック!

痛みがあるときは正直にパートナーに伝えて!

産後のセックスは今までどおりにいかなくて当たり前、というように、少し気持ちに余裕を持って行うことが大切です。

出産後のセックスで痛みを感じる女性も少なくありません。痛みを感じるところは個人差がありますが、

・会陰部分
・膣内
・下腹部

などが一般的です。

痛みを我慢して性行為を続けてもストレスになるだけですし、さらにその後の夫婦生活にも大きく影響を与えます。

もし出産後の性行為で痛みを感じる場合は、無理をせずに正直にパートナーに伝えてみてください。

どの部分がどのように痛いのかを伝え、「もう少しやさしくして」など相手のことを考えた言葉かけができるといいですね。

膣の痛みには潤滑油がおすすめ!

出産後は膣内の潤いが不足することも珍しくありません。

それによって痛みを感じることも多いです。

そんな時には潤滑油を使ってみるのがおすすめ。

膣内に潤いを与えることで痛みを軽減することはもちろん、膣内が傷つき出血してしまうことも予防できます。

さらには男性も女性も感度がアップし、夫婦関係も円滑にしてくれるはずですよ。

出血した場合は量をチェック!

出産後のセックスによって出血するケースは珍しくなく、その量は決して多いものではありません。

すりむいたり傷ついたりして肌から出血した時と同じように、出血する時間も一時的です。

出血の量が少量で、短時間で止まる場合はほとんど心配する必要はないでしょう。

ただし、次のような症状が見られる場合は、かかりつけの産科に相談してみてください。

・しばらくしても出血が止まらない
・出血とともに下腹部に痛みがある
・性行為のたびに出血がある

このような症状が性行為のたびに見られる場合は、婦人科系の病気にかかっているケースもあります。

不安を感じながら性行為をするのではなく、きちんと原因を知ることも大切です。

出産後の性行為で気を付けたい3つのこと

スポンサードリンク


出産後1か月くらいから性行為を再開することができますが、どのようなことに気を付けて行ったらいいのでしょう。

ここでは出産後の性行為で気を付けたい3つの注意点について紹介します。

1. しばらくは避妊をするのがマスト!
2. 気分が乗らない時は上手に断る!
3. できるだけ早めに再開を!

出産後の性行為時は避妊をするのがマスト!

出産後の女性の体はひと月くらいではまだ正常な状態であるとはいえません。

骨盤はまだ開いた状態ですし、子宮も完全に戻っていないことも珍しくありません。

そんな状態ですぐに妊娠をしてしまうと、女性の体が心配です。

母乳が分泌されることで『プロラクチン』というホルモンが排卵を押さえているため、母乳を与えているうちは排卵がストップし生理の再開は遅れます。

しかしこれは個人差が大きく、母乳を与えていても産後すぐに整理が再開する人もいますし、卒乳するまで生理が来なかったという人もいます。

出産後1回目の排卵はいつかわかりませんから、そのタイミングで性行為をしてしまうと妊娠する可能性もあるのです。

お母さんの体のためにも、出産後すぐの性行為では避妊具を使用することをおすすめします。

性行為に前向きでないときはお断りしてもOK!

「体調はいいけど性行為には前向きになれない」という日もあるでしょう。

特に女性は慣れない育児に追われ、夜も寝不足気味という時期でもあります。

そんな時にパートナーから誘われても前向きになれないというときは、無理に付き合う必要はありません。

ただし、断るときには感情的にならずに丁寧に断ることが大切です。

思いやりを持った言葉かけをすることで、今後の夫婦関係にも大きく影響するはずです。

毎回断ることはせず、何度か断っているときにはコミュニケーションのひとつとして性行為をしてみてはいかがでしょう。

出産後の性行為はできるだけ早めに再開を!

出産後の性行為の再開のタイミングを逃してしまうと、産後のセックスレスに陥ってしまうという夫婦も少なくありません。

特に女性は産後のホルモンバランスの影響で、性欲がほとんどなくなってしまうこともあります。

しかしこれを理由に出産後の性行為の再開を先延ばしにしてしまうと、そのままセックスレスになってしまうこともあります。

もし二人目の赤ちゃんを望んでいるのであれば、産後1か月を過ぎたらなるべく早めに再開することをおすすめします。

セックスは夫婦のコミュニケーションのひとつです。

子育てや家事などを夫婦で協力して行うためにも、産後の性行為はとても重要です。

まとめ

出産後の性行為は女性にとってはちょっとだけ抵抗があるかもしれません。

まったく問題なく性行為を再開できる夫婦もいますが、思うようにいかない夫婦もいるでしょう。

カップルのライフスタイルや気持ちなどに合わせて、無理のない再開ができるといいですね。

・しばらくは避妊をしよう
・体の回復に合わせて再開しよう
・気分が乗らない時はお断りしてもOK
・早めの再開がおすすめ

出産後の性行為がスムーズに再開できるように、お互いの気持ちを確認し合いながら進められるといいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です