妊娠中はシミができやすくなる!?妊婦のシミの原因と5つの予防対策

スポンサードリンク
うちハピ

妊娠してから、なんとなくシミやそばかすが目立つようになってしまった…

そんなお母さんも多いのではないでしょうか?

ママになっても綺麗でいたい!そんな妊婦さん達へ向けて、妊娠中のシミや色素沈着の原因、妊婦さんでも安心できるシミのケア方法などについて5つの見出しでまとめてみました。

  • 妊娠中は色素沈着を起こしやすい?原因はホルモンの乱れ
  • シミの治療はできるの?妊娠中の気になる治療法
  • 妊婦さんのシミ対策には、日焼けの予防と食事からのビタミンCの摂取!
  • 選ぶ化粧品は、低刺激でビタミンC誘導体を含むものを
  • 産後にシミを残さないためにも、できる事から始めよう!
  • シミや色素沈着に悩む妊婦さんの、お悩み解消のきっかけになれば幸いです。

妊娠中は色素沈着を起こしやすい?原因はホルモンの乱れ

妊娠中のシミや色素沈着の原因は、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンの増加によるものです。

このホルモンの作用によって、メラニンを作るメラノサイトが刺激され、シミやそばかす、ほくろが増えたり、妊娠性肝斑という特殊なシミが出来てしまうのです。

また、シミに限らず乳輪やわきなど、色素沈着を起こしやすい部位の黒ずみがさらに濃くなったり、体毛が濃くなったように感じる方もいます。

こういった美容面でのトラブルに落ち込んでしまいがちですが、これらの悩みは一時的なものですので安心してください。

うちハピ

妊娠中に濃くなったシミや肌の色素沈着は、産後にかけてホルモンの乱れが収まっていくことで少しずつ薄くなっていきます。

出産までの我慢だと思えば気持ちが楽になります。

シミの治療はできるの?妊娠中の気になる治療法

できてしまったシミには、すぐに美容クリニックなどで効果的な対策を取りたいという妊婦さんもいらっしゃるでしょう。

ですが、残念ながら基本的に妊娠中にシミのレーザー治療は受けられないと思ってください。

レーザー治療自体に胎児への影響はありませんが、治療においてのストレスなどが負担となる恐れがある事や、妊娠中には使用できないアフターケアの薬もあり、殆どの皮膚科、美容クリニックが妊婦さんのレーザー治療をお断りしているのが現状です。

心配事がない状態での治療が、先生にとっても患者さんにとっても一番ですからね。

レーザー治療の他には、ハイドロキノンとトレチノインを使用したシミの治療方法がありますが、こちらも妊婦さんは使用することができませんので、注意してください。

特にトレチノインは動物実験による催奇形作用が報告されていますので、たとえ肌からの微量な摂取でも控えるべきとされています。

ハイドロキノンに関しても同じく、万が一のことを考えて使用は中止した方がよいでしょう。

妊婦さんのシミ対策には、日焼けの予防とビタミンCの摂取!

妊娠中のシミに紫外線は大敵。しっかりと予防しないと、妊娠中のシミは更に濃くなってしまいます。

お出かけ前には妊娠前よりも入念にUV対策をしましょう。

日焼け止めをしっかり塗り、直射日光を避け、日差しの強い夏場以外でもなるべく紫外線に当たらないように心掛けてください。

また、シミ対策としてビタミンCを摂取するのもオススメです。

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑える他、日焼け後の炎症やシミも抑えてくれますので、出来る前のシミにもできた後のシミにも効果的な栄養素です。

ビタミンCを多く含む野菜は

  • 赤ピーマン
  • ほうれん草
  • キャベツ
  • ジャガイモ
  • サツマイモ

等が挙げられます。

また、果実は

  • 柑橘類(レモンやオレンジなど)
  • アセロラ

などが主にビタミンCの含有量が多いとされています。

ビタミンCは水溶性ビタミンであるだけではなく熱にも弱く、調理過程で失われやすい栄養素です。

そのため、果実類や生で食せる野菜はなるべく生のまま食す事、加熱調理する際は汁ごと食べることができる煮込み料理やスープなどの調理方法がおすすめです。

ジャガイモやサツマイモといったイモ類に含まれるデンプンはビタミンCを守っているので、調理過程でのビタミンCの減少が少なく、効率的に摂取できる食材でもあります。

また、果実の中ではアセロラがダントツにビタミンCの値が多く、ビタミンCの代名詞のようなレモンよりはるかに上回っています。

ビタミンAにもシミの予防をする働きがありますが、ビタミンAの中でも脂溶性であるレチノールは妊娠初期の妊婦さんが過剰に摂取すると、赤ちゃんに先天性の異常がみられるリスクが増えてしまいますので、レチノールを多く含む鳥のレバーや豚のレバーなど、動物性食品の肝には注意が必要です。

一方、緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンは過剰摂取のリスクがなく、妊婦さんが摂るビタミンAとして最適です。

しそ、モロヘイヤ、ニンジン、ほうれん草などがβカロテンを多く含みますので、日ごろの食事に取り入れてみてくださいね。

選ぶ化粧品は、低刺激でビタミンC誘導体を含むものを妊娠中は肌トラブルが多くなるデリケートな時期でもありますので、通常時に使用する美白化粧品よりも、低刺激でビタミンC誘導体を含む美白化粧水や美容液を選ぶのがおすすめです。

毎日使うものですから、安心できる成分の物を選びたいですよね。

正しいケアと適した化粧品で、妊娠中の肌をいたわりましょう。

産後にシミを残さないためにも、できる事から始めよう!

スポンサードリンク


妊娠中のシミの原因と対策のまとめ、いかがでしたか?

妊婦さんの肌トラブルの中でも特に厄介なシミですが、少しでも対策を心掛けると、結果は違ってきます。

気負いせずに、できる範囲から少しずつシミのケアをしていきたいですね。

うちハピ