妊娠初期に筋肉痛のような痛みが!お腹やお尻、ふくらはぎの痛みの原因と4つの対処法

スポンサードリンク




人によっては妊娠初期に筋肉痛のような痛みが出る人もいます。

妊娠初期でも子宮は少し大きくなっていくので筋肉が引っ張られる事で、筋肉痛のような痛みが起こるのです。

ここでは、なぜ妊娠初期に筋肉痛のような痛みが出るのか、お腹やおしりやふくらはぎの痛みの原因や対処法についてご説明していきますね。

妊娠初期に筋肉痛のような痛みがあるのはなぜ?

妊娠中期以降には、お腹が大きくなるのでむくみや冷えから下半身が筋肉痛のような痛みが出る事はよくある事です。

しかし、妊娠初期に筋肉痛のような痛みが出るのはなぜでしょうか?痛みの原因についてまとめてみました。

ホルモンの増加

妊娠したらリラキシンホルモンと呼ばれる骨盤を開きやすいようにして出産を円滑に進めるホルモンが増えます。

出産時に沢山生成されるものなのですが、第一に妊娠初期に沢山分泌されるのです。

そのリラキシンホルモンは「カチカチの関節を柔和する」「全身の靭帯を緩める」という特性があります。それを受けて骨盤が開きやすいようになります。

開きやすくなるという事は「常日頃より色んな所に骨盤が動いてしまうことになる」ということを示します。

そうすると骨盤をサポートする為の筋肉・腱・関節への負荷が日頃より強いられ痛くなります。

この部分が骨盤ばかりか各関節で起きることとなる事もあって、色々な部分で筋肉痛と同じ様な痛みが生じることが起きます。

更には骨盤が開くおかげで坐骨神経を圧迫されて、腰や足に痛みがもたらされる可能性もあります。

その点も筋肉痛の痛みと同様のようです。

そのホルモンは、血漿(けっしょう)という名の姿となって、血液を通して子宮や骨盤近くにある靭帯に届けられます。

しかしながら、各関節にもリラキシンホルモンが届けられて、各関節の靭帯が影響されてしまうことが見受けられます。

まさにそれが腕や足の筋肉痛と同じ様な痛みに影響を及ぼすというわけです。

 リラキシンホルモンの増加が起因して痛みが生じ易い部位

  • 肩腕
  • お尻
  • 太もも
  • ふくらはぎ
  • 血行不良

妊娠後期に多い血行不良からの筋肉痛のような痛みですが、妊娠初期にも起こる事があります。

ミネラルバランスが崩れて、筋肉が引きつって痛みが出ます。

足の疲労や冷たい飲み物の飲みすぎでも起こりますので、気を付けましょう。

妊娠初期の筋肉痛の4つの対処法

体を温める

お風呂に入って体を芯から温めるようにしましょう。

冷え防止を行う事で筋肉痛のような痛みが改善される事があります。

その際、痛みがある部分をこする事や伸ばす事はしないようにしてください。

冷たい飲み物は避けて、お風呂に入ってマッサージを行うのも効果的です。

疲労回復

立ち仕事などをまだされている方は、筋肉が疲れている事から筋肉痛のような痛みが出る事があります。

立ち仕事をされている場合は、時間を短くしてもらう、休憩を入れてもらうといった対処をした方が良いでしょう。

食生活の改善

ビタミンB1、カルシウム、ビタミンDを意識して摂取するようにして下さい。

食べ物だけで補うのは、難しい時には、妊娠中に飲めるビタミンサプリメントなどを飲用するのも胎児の先天性疾患リスクの低減にも良いでしょう。

軽い運動

ストレッチなどの軽い運動をお風呂上りなどに行う事で血行促進し、痛みが緩和されます。

妊娠中の過度な運動は避けてください。

妊娠初期の筋肉痛の市販薬

スポンサードリンク


妊娠前は何気なく痛みがある時には、湿布や液体薬などの市販薬を気にする事なく張ったりできていましたが、妊娠がわかるとどうしたら良いのか悩みますよね。

市販薬を使っても良いのか、医療機関へ受診した方が良いのかをご説明していきますね。

筋肉痛などの湿布薬には、赤ちゃんへの影響が考えられる為、妊娠中には使用できない成分があります。

安易に張ってしまわないように成分についてきちんと把握しておきましょう。

薬を使用する際には、妊娠中は特に薬品の使用時は医師、又は薬剤師に相談してからにしてください。

インドメタシン

インドメタシンは、炎症による熱を低くさせて、痛みを和らげます。

妊娠後期は特に注意が必要で様々な病気を引き起こす可能性があり注意が必要です。

<胎児又は妊婦への発症リスク>

  • 胎児の動脈管収縮
  • 胎児の循環持続症
  • 胎児の腎不全
  • 胎児の腸穿孔
  • 動脈管開存症
  • 羊水過多症

<早期出産時の新生児への発症リスク>

  • 消化管穿孔
  • 懐死性腸炎
  • 頭蓋内出血

ボルタレン

腫れや炎症、関節や筋肉の痛みを和らげて、熱を下げる役割を果たす成分です。

妊娠中に使用する事で、不整脈の一種の徐脈という病気や動脈管収縮、閉鎖、羊水過少が起こって、胎児への危険性が出る事があります。

更には、出産間近に使用する事で、動脈管開存症、胎児の循環持続症、乏尿や新生児肺高血圧症などの発症リスクがあって、重篤な場合は死亡するケースも発表されています。

<胎児へのリスク>

  • 徐脈
  • 動脈管収縮、閉鎖
  • 羊水過少

<出産間近の使用した時の胎児、新生児へのリスク>

  • 動脈管開存症
  • 胎児の循環持続症
  • 乏尿
  • 新生児肺高血圧症
  • 死亡
  • ケトプロフェン

主にテープ製品に用いられているケトプロフェンは、痛みを和らげ熱を下げる効果があります。妊娠後期には重篤な病気を引き起こす可能性がありますので注意が必要です。しかしながら、妊娠初期での使用も避けた方が良いでしょう。

使用する際は、薬剤師や医師に確認とり自己判断での使用は避けてください。

  • 妊娠中期…羊水過少症
  • 妊娠後期…胎児動脈管収縮、新生児肺高血圧症

まとめ

妊娠初期に運動もしてないのに、筋肉痛になると「なぜ?」と思いますよね。

この原因や対策についてご説明してきました。

対処法を行っても、筋肉痛が長期間治らない場合には、医療機関へ受診して下さいね。

その際、市販薬などを使用した時はきちんと医師に伝えられるようにしましょう。

赤ちゃんを守るためにも、妊娠中に避けた方が良い成分については、確認しておきましょう。

正確な情報を把握し、元気な赤ちゃんを産んで下さいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です