妊娠初期に市販風邪薬や処方箋は飲んじゃダメ?胎児への影響と飲んでしまった時の対処法

スポンサードリンク




妊娠すると今まで気兼ねなく飲んでいた薬がお腹の赤ちゃんの発育に影響あるのか、あるいはどう影響するのかが気になりますよね。

ここでは、妊娠初期に市販薬や処方箋を飲んでいいのか、胎児への影響や飲んでしまった時の対処法をご説明していきます。

妊娠初期の薬

妊娠初期は胎児の大切な器官や臓器が形成される時期なので、薬の影響がある時期で使用には注意が必要です。

妊娠初期の中でも4~7週目にあたる週は「絶対過敏期」とも呼ばれて胎児への薬での影響が最も出やすい時期とも言われています。

この時期は、なるべく薬の服用は避けるのが賢明です。

薬の種類によっては、胎児への奇形の危険性もありますので、自己判断での使用には注意が必要です。

絶対過敏期…薬の影響を最も受けやすい時期

妊娠初期の風邪薬や処方箋は飲んじゃダメ?

妊娠初期は薬の種類には注意が必要ですが、風邪薬は飲んでも胎児への影響が出るリスクは非常に低いとされています。

風邪で症状が酷くなって、ママの体に負担がかかる事が避けなければなりません。

妊娠中に飲める薬かどうかをきちんと確認してからに飲むようにしましょう。

悪化しそうな風邪の時には、早めの対処が必要です。

市販薬が心配な方は、産婦人科へ受診して処方箋を出してもらいましょう。

内科や他の科で受ける時は、必ず妊娠している、又は可能性がある事を伝えて下さいね。

産婦人科での相談を

妊娠初期に飲んでも安全性の高い風邪薬・成分

風邪薬の中での胎児への影響の有無は入っている成分ですので、確認しておきましょう。

  • 大正製薬「パブロンゴールドA」
  • エスエス製薬「エスタック総合感冒」
  • 第一三共ヘルスケア「新ルルAゴールドs」

どの風邪薬安全性は高いですが妊娠中は、医師・薬剤師の方に相談してから飲むようにして下さいね。

  • 解熱鎮痛作用のある「アセトアミノフェン」
  • 鎮咳(せきを抑える)作用のある「デキストロメトルファン臭化水素酸塩」
  • 去痰(たんをきる)作用のある「カルボシステイン」
  • 抗炎症作用のある「d-クロルフェラミンマレイン酸塩」

妊娠初期に飲んではいけない風邪薬・成分

  • エスエス製薬のエスタックイブファインEX
  • ライオンのバファリンかぜEX

解熱鎮痛作用のあるNSAID(ロキソプロフェン・イブプロフェン・アスピリン)

解熱鎮痛作用を表す成分をひとまとめにして呼ばれるのが「NSAID」で、炎症を抑える役割があります。

妊娠28週目以降に服用する事で、ロキソプロフェンとイブプロフェンは胎児への影響が出る可能性があるとされています。

アスピリンという成分は、先天性疾患の発症リスクがあるので避けた方が良いでしょう。

咳を鎮める作用のある麻薬性中枢性鎮咳薬(リン酸コデイン・ジヒドロコデインリン酸塩)

咳を抑える作用がある麻薬性中枢性鎮咳薬は、効果的でほとんどの風邪薬に入っている成分です。

しかしながら、妊娠中の方や授乳中の方にも影響が出る可能性があるとされ、授乳する事での「モルヒネ中毒」になった乳児もいるので注意が必要です。

カフェイン

沢山の風邪薬の成分の中に多く見られるカフェインですが、妊娠中は摂取量が多いと胎児の発育にも影響が出る可能性があるので、避ける方が賢明です。

妊娠初期の風邪薬は漢方薬が良い?

スポンサードリンク


私も妊娠中に何度か風邪をひいて産婦人科へ受診すると、漢方薬を処方していただきました。

それだけ妊娠中は漢方薬の方が、安全性が高いと専門家の間でもされているのです。

しかしながら、適切でない漢方薬の服用を避けるためにも、自己判断での服用は避けた方が賢明ですので、必ず医療機関へ受診して処方してもらって下さいね。

  • 鼻炎には…小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
  • 頭痛や寒気には…葛根湯(かっこんとう)
  • 喉の痛み・咳・頭痛には…天津感冒片(てんしんかんぼうへん)
  • 風邪の初期症状には…香蘇散(こうそさん)・桂枝湯(けいしとう)
  • 渇いた咳には…麦門冬湯(ばくもんどうとう)
  • 喉の痛みには…桔梗湯(ききょうとう)

市販の漢方薬を購入する時は、薬剤師の方に妊娠中に服用可能であるかの確認をしてみると安心です。

妊娠初期の薬は胎児に影響する?

1度や2度1種類の薬を適量飲んだ時の影響が出る可能性は極めて低いです。

しかしながら、多量に服用した場合や色んな種類の薬を組み合わせて飲んでいる、1部の疾患の治療薬を飲んでいる場合は、影響が出る可能性があります。

風邪薬も妊婦では服用できる薬もあるものの、服用しないで自然に治癒する軽度な風邪であれば服用しない方が良いでしょう。

  • 大量の薬
  • 多種の薬
  • 特殊な疾患の治療薬

妊娠初期に薬を飲んでしまった時の対処法は?

妊娠に気付かないで「薬を飲んでしまった!」と焦る方も多いのではないでしょうか。

私も1人目の時に気付かずに市販の頭痛薬を飲んでしまい、とても焦って心配になりました。

妊娠超初期(妊娠3週頃まで)であれば、薬を飲んでも胎児への影響がないとされています。

4週目以降であっても、過度な心配が原因でストレスになると、良くありませんから飲んでしまっても長期間の薬の服用や妊娠中に使用してはいけない薬(抗がん剤、抗凝固剤など)でなければ、過度な心配は不要です。

妊娠中に使用してはいけない薬を飲んでいる時は、すぐに医師と相談してくださいね。

まとめ

風邪薬は飲めるといっても妊娠中の薬は出来る限り避けたいですよね。

日頃から風邪をひかないように体を冷やさないようにする、マスクを着用して予防する事も大切です。

風邪をひいてしまっても薬は避けたいから飲まないのではなく、何よりもママの体が元気でないといけない時期でもあるので、重症化する前に医療機関へ受診して下さいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です