妊娠中にフェラチオはしないほうがいい?妊婦への影響と3つの注意点

スポンサードリンク
うちハピ

妊娠中の夫婦生活に悩んでいるという女性は少なくありません。

妊娠中の奥さんは体も少しずつ変わっていきますし、心も少しずつお母さんになる準備をします。

しかし旦那さんは体や心の変化がほとんどありません。

そんな時に夫婦生活を求められると戸惑ってしまうという人もいるかもしれませんね。

お腹がまだ目立たない時期は大丈夫ですが、妊娠後期にもなると、今までどおり夫婦生活をしてもいいか迷ってしまいます。

「普通に性行為をしてもいいの?」

「それともフェラチオだけのほうがいい?」

「フェラチオもNG?」

など疑問を感じる人のために、

・妊娠中のフェラチオは大丈夫?
・性行為はしないほうがいい?
・妊婦がフェラチオをするときの注意点を知りたい!
・妊婦がフェラチオをするとどんな影響が?

上記のちょっとした疑問について詳しく調べてみました。

夫婦関係を良好にするためには、夫婦生活も大切な営みです。

妊婦さんが安心して夫婦生活を送れるように、正しい知識を身につけましょう!

妊婦はフェラチオをしても大丈夫なの?

妊娠中のフェラチオについては、周りに聞きづらいということもあり、悩んでいる妊婦さんも少なくありません。

結論から言うと、妊娠中でも妊娠前と同じようにフェラチオをしても問題ありません。

妊娠すると女性の体は大きく変化し、心の変化も大きいものになります。

妊娠によっても性欲がなくなったり、また復活したりするケースも珍しくなく、気分によっては旦那さんのお誘いにこたえられないこともあるでしょう。

そんな時はフェラチオで応えてあげるのも良いかもしれません。

妊婦は性行為をしないほうがいい?

よく「妊婦は性行為を避けたほうがいい」ということが言われていますよね。

私も妊娠中には「お腹の張りにつながるから性行為は避けたほうがいい」という認識でした。

うちハピ

「お腹に赤ちゃんがいるから不安・・・」という人もいるでしょう。

しかし実際は、妊娠中の性行為が胎児や母体に悪影響を与えるということはほとんどありません。

もちろん妊婦さんの気分や体調がすぐれない時には無理に性行為をする必要はありませんが、妊婦さんでも性行為を我慢する必要はないのです。

・無理のない体勢で行う
・体調が悪くなったらやめる
・パートナーに理解を求める
・ゆっくりと時間をかけて
・コンドームなどの避妊具は必須

このように、ある程度のルールを守れば、妊婦さんも安心して夫婦生活を送ることができますよ。

関連記事⇒妊娠超初期に性行為はしちゃダメ?流産リスクと影響、痛い・出血時の2つの対処法

妊婦がフェラチオをするときに注意したい3つのこと

妊婦でも今までどおり性行為やフェラチオをすることができますが、体や心は妊娠前と違うということは事実です。

妊婦さんが安心・安全にフェラチオをするためにはいくつかの注意点があります。

  1. 体調が悪い時は避ける
  2. 長時間は避ける
  3. 夫婦で話し合う

ここでは3つの注意点について紹介します。

1.体調が悪い時のフェラチオは避けよう

妊婦さんは急に体調が悪くなったり気分が悪くなったりすることがあります。

性行為やオーラルセックスは夫婦の大切なコミュニケーションのひとつです。

だからといって妊婦さんの体調がすぐれないのに無理にフェラチオをしてしまうと、夫婦の関係性にまで響くことがあります。

特に妊娠初期はつわりがつらいという人も少なくありません。

そんな時はきちんと相手に説明し、フェラチオを含む性行為は避けたほうがいいでしょう。

2.長時間のフェラチオは体への負担が心配

お腹が大きくなってくると、妊婦さんは仰向けもうつ伏せも長時間になると体への負担となってしまいます。

フェラチオも長時間になると妊婦さんの体の負担となるため避けたほうがいいでしょう。

フェラチオは夫婦間のコミュニケーションのひとつとして、お互いが理解しながら楽しむということを頭に入れておくことが大切です。

3.夫婦生活についてふたりで話し合おう

フェラチオはどうしても『女性がしてあげている』『男性にさせられている』という認識が根強く残っています。

妊娠中の夫婦関係を円満に贈るためには、性行為もとても大切なものです。

妊娠すると、女性はホルモンバランスの影響から性欲がなくなったり、性行為に嫌悪感を抱いたりすることも珍しくありません。

特に妊娠初期にこういった感情になることが多いため、正直な気持ちをパートナーにきちんと伝えて理解してもらうことが最も大切です。

妊娠中期になりお腹の赤ちゃんも安定してくると、再び妊婦さんにも性欲が戻ってくるケースが多いです。

そうなった場合に性行為を再開してみてはいかがでしょう。

フェラチオに関しても、いつも断るのではなくパートナーへの愛情のひとつと考えてみてくださいね。

関連記事⇒妊婦はオナニーをしてもいいの?妊娠中のオナニーによる影響と3つの注意点

妊婦がフェラチオをするとどんな影響がある?

妊婦さんが旦那さんにフェラチオをすることは、体にはほとんど影響ありません。

妊婦さんが興奮することで子宮収縮につながることはありますが、それが陣痛や流産に直接関係することはないでしょう。

ただし、切迫流早産で安静指示が出ている人は注意が必要です。

妊娠中にフェラチオをすることで得られるプラスの影響は、

・夫婦間のコミュニケーションを円滑にする
・産後のセックスレスの予防
・スキンシップのひとつ

などが挙げられます。

フェラチオは夫婦間の関係を良好なものにするためにとても大切なことです。

産後のセックスレスも深刻な問題となっていますが、妊娠中にも性行為を続けることでセックスレスの予防にもつながります。

また、スキンシップが増えることで会話を増やすこともできます。

妊婦さんは体の変化で少しずつ母親の自覚も沸いてきますが、男性は赤ちゃんが生まれても父親の自覚が出るまでに時間がかかるといわれています。

妊娠中に将来の話をきちんとすることで、父親の自覚がわいてくるかもしれませんよ!

関連記事⇒立ち会い出産を旦那はどう思ってる?倒れる?泣く?後悔しない立ち会い出産にするために

まとめ

妊婦さんは体や心の変化で性行為に消極的になってしまうことも珍しくありません。

性行為は夫婦の関係を良好なものにするために必要なことでもあります。

妊娠しても性行為はもちろんフェラチオも問題なく行うことができます。

・体調に気を付けて行う
・無理にする必要はない
・性行為について夫婦で話し合う

などに注意しながら行ってくださいね。

ただし、妊娠中の乳頭刺激は子宮収縮に大きな影響を与えてしまうため、超時間の乳頭刺激は避けたほうがいいでしょう。

うちハピ