励を使った名前29選~励の意味や由来と読み方を徹底解説!

スポンサードリンク

「励」という漢字について

字画数:7画
音読み:レイ
訓読み:はげ(む)
主な名乗り:つとむ

「励」の意味や由来や成り立ちと特徴

「励」という漢字は、「勵」の略字です。

「勵」という漢字は、左上の部分は削り取られた崖。

左下はさそり。

右側は腕の象形からできました。

サソリの毒針のような鋭い刃物を力強い腕に持って削るという意味があり、そこから「磨く」という意味を持つようになりました。

また、力を入れて一生懸命磨くということから「熱心に行う」という意味も持つようになったようです。

「励行」「仕事に励む」などがその例えです。

また、他人を元気付けたり、活気付けたりする言葉にも使われていて、「激励」「奨励」などの熟語があります。

「励」という漢字を名付けに使うときに込められる思い

「励」という漢字には、自分が熱心に行う「励む」という意味や、他人を元気づけたり活気づけたりする「励ます」という意味があります。

そのため「励」という漢字を名付けに使うときには、

「コツコツと努力できる子になるように」
「何かの道を極められるように」
「困難なことがあっても諦めず自分の力で乗り越えられるように」
「人を元気付けられる人になるように」
「人のために頑張れる子になるように」

という思いが込められます。

「励」という漢字から受ける印象

「励」という漢字は、角があり「力」という漢字も入るため、キリッとしたかっこよさを感じさせます。

また、「激励」「奨励」「奮励」「励む」「叱咤激励」「奮励努力」などの熟語に使われることから、がんばり屋さんで、努力家、前向きという印象もあります。

漢字の意味は前向きで名付けに向いていますが、使用例はあまりありません。

「れい」という響きは女の子の名付けに人気がありますが、「れい」の響きに当てられる漢字は「玲」「礼」「麗」などが多いようです。

明るく高貴な印象を受ける漢字です。

女の子にはやはり、美しさや品の良さを感じられる子になって欲しいという思いがある人が多いからでしょう。

しかし、現在は女性でも優しく美しいだけでは厳しいというのが現実です。

勉強も仕事も男性と同じようにやっていく時代です。

その中では、強さや前向きさ、熱心に行う気持ちが必要です。

自立した女性になって欲しいという思いを込めて「励」の字を使うのも良いかもしれません。

「励」という漢字を使うと、力強さを感じさせます。

そのため、字面から男の子と間違えられる可能性もあります。

そのため「励」を使った名付けをするときには、合わせる漢字には女の子らしい字を使うと良いでしょう。

「れ」「れい」という響きには、洗練されていて知性派で、エレガントな印象を受けます。

「励」を使った熟語

スポンサードリンク


奨励(しょうれい)

支持をすること。

支援すること。

物事の進歩に貢献すること。

激励(げきれい)

奮起させること。

応援すること。

励声一番(れいせいいちばん)

励声は、大きな声を出すこと。

一番は、ここ一番という大切な場面のこと。

大切な場面や瞬間に、大きな声を出すこと。

叱咤激励(しったげきれい)

叱咤は、叱ること。

激励は奮起させること。

応援すること。

応援し励まして、奮起させること。

精励恪勤(せいれいかっきん)

精励は、全力を尽くして物事に取り組むこと。

恪勤は、誠実に物事に取り組むこと。

全力を尽くして、誠実に一生懸命仕事や勉強をするという意味。

「励」の説明の仕方

電話でのやり取りのときに、あなたの名前がどの漢字を使っているか聞かれることがありますよね?

そういったシーンで「励」を説明する例を紹介します。

例えば、

A「名前は、〇〇恵励菜といいます。」

と伝えると、

B「〇〇えれなさんですね。「えれな」はどういった漢字を使いますか?」

と聞かれた場合、励の部分の説明の仕方としては、

・A「れは、励ますという字です。」
・A「れは、奨励の励という字です。」
・A「れは、激励するの励という字です。」

などが挙げられます。

いくつかパターンを持っておくと、確実に相手に伝わりますよ!

「励」を使った名前の有名人・芸能人

名前に「励」という漢字を使った女性有名人は見つけられませんでした。

「励」を使った名付け候補

恵励菜(えれな)
紅励愛(くれあ)
久励奈(くれな)
来励葉(くれは)
珠励(しゅれい)
彗励(すいれい)
純励(すみれ)
世励菜(せれな)
葉励(はれい)
誉励(ほまれ)
真励亜(まれあ)
真励(まれい)
実励(みれい)
励(れい)
励亜(れいあ)
励香(れいか)
励子(れいこ)
励沙(れいさ)
励菜(れいな)
励乃(れいの)
励緋(れいひ)
励美(れいみ)
励耶(れいや)
励良(れいら)
励緒(れお)
励織奈(れおな)
励音(れおん)
励那(れな)
励美菜(れみな)

まとめ

人を元気付けたり、自分も熱心に行うという、前向きで力強さを感じる「励」という漢字をご紹介しました。

女の子の名付けにはあまり使われない漢字なので、周りの子と被らない名前を付けたいという人にもおすすめです。