乎を使った名前27選~乎の意味や由来と読み方を徹底解説!

スポンサードリンク

「乎」という漢字について

字画数:5画
音読み:コ
訓読み:か・かな・や
主な名乗り:お・より

「乎」の意味や由来や成り立ちと特徴

「乎」という漢字は、舌の形の象形と、神様や人を呼ぶ時に使う鳴子の板の形の象形が合わさってできた漢字です。

始めは、「呼ぶ」という意味で使われていました。

しかし、次第に助詞として使われるようになり、「か」「や」と読んで「どうして〇〇か。」「〇〇であろうか。」というように使われたり、「かな」「や」と読んで「〇〇だなあ。」と詠嘆を表す時に使われます。

状態を表す言葉の後ろに付け、その意味を強めるためにも使われます。

「確乎」「凛乎」などがその例です。

どちらも「確か」「凛」という字の意味を強調するために使われています。

また、「ああ。」という感嘆を表す言葉としても使われています。

「乎」という漢字を名付けに使う時に込められる思い

「乎」という漢字は、「呼ぶ」という意味や「感嘆」「詠嘆」を表す時に使われます。

そのため

「友達に恵まれるように」
「周りに人の集まる子になるように」
「感性の豊かな子になるように」
「協調性のある子になるように」

という思いを込めて名付けられます。

また、思い入れの強い漢字がある場合には、その字と組み合わせることで意味を強調させることができます。

例えば「愛乎」なら「特に愛される子になるように。」、「輝乎」なら「誰よりも一段と光り輝く人生になるように。」という感じです。

「乎」は、普段あまり見かけない漢字です。

名付けにも使える漢字なのですが、この漢字を使っている人はほとんど見かけません。

そのため、人と被らないオンリーワンの名前を考えている人にもおすすめです。

人と被らないようにと考えると、どうしても当て字や珍しい漢字を使ってしまいがちせす。

ですが、そうなると読みづらくなってしまったり、口頭で伝えにくくなってしまうこともあります。

名前は一生使うものなので、自己紹介のたびに子供が苦労することになってしまいかねません。

でも「乎」という漢字は、古風で、画数も少なくスッキリとしていて、キラキラした感じは受けません。

周りと被らず落ち着きのある印象を与えることができる漢字です。

「乎」という漢字から受ける印象

「乎」という漢字の字面からは、落ち着いた古風な印象を受けます。

読み方は「か」「こ」「や」が一般的なので、女の子の名付けに取り入れやすい響きです。

先頭の字にも止めの字にも使えるため、名付けの候補はとてもたくさん挙げることができるでしょう。

「香耶乎(かやこ)」「華乎(はなこ)」というように止めの字に「こ」の響きを使うと古風な印象になります。

しかし、名付けによく使われる「子」ではなく「乎」というところにオシャレで新しい印象も受けます。

「か」という響きで使うと、軽やかで開放感があり、都会的でクールな印象があります。

「こ」という響きで使うと、しっかりと落ち着いた頼りになる印象を受けます。

「や」という響きで使うと、包み込むような優しさを感じます。

「乎」を使った熟語

スポンサードリンク


凛乎(りんこ)

寒さが厳しい様子。

身が引き締まる様子。

確乎(かっこ)

強い決心。

確乎不抜(かっこふばつ)

確乎は、強い決心。

しっかりと定まっていること。

不抜は、しっかりしていて動かないこと。

確乎不抜は、強い決心があるため、どんなことがあっても動揺したりしないこと。

釈然炳乎(しゃくぜんへいこ)

非常に明確ではっきりとしているさま。

確乎不動(かっこふどう)

強い決心で、決して揺れ動かないさま。

「乎」の説明の仕方

電話でのやり取りのときに、あなたの名前がどの漢字を使っているか聞かれることがありますよね?

そういったシーンで「乎」を説明する例を紹介します。

例えば、

A「名前は、〇〇愛乎といいます。」

と伝えると、

B「〇〇あこさんですね。「あこ」はどういった漢字を使いますか?」

と聞かれた場合、乎の部分の説明の仕方としては、

・A「こは、「呼ぶ」という字の口を無くした右側です。」

などが挙げられます。

「呼ぶ」だけでなく「呼吸」でもいいですね。

いくつかパターンを持っておくと、確実に相手に伝わりますよ!

「乎」を使った名前の有名人・芸能人

「乎」を使った有名人は見つけられませんでした。

「乎」を使った名付け候補

愛乎(あこ)
綾乎(あやか)
乎瑚(かこ)
輝乎(きこ)
乎愛(かな)
乎埜(かの)
香耶乎(かやこ)
乎愛(こあ)
恋乎(ここ)
乎都(こと)
乎斗莉(ことり)
乎乃花(このか)
乎埜葉(このは)
乎春(こはる)
彩乎(さや)
冴乎加(さやか)
紗乎(さより)
華乎(はなこ)
真乎(まこ)
真乎(まや)
茉由乎(まゆか)
麻弥乎(まみか)
美乎(みお)
莉乎(りか)
梨乎(りこ)
凛乎(りんか)
玲乎(れいか)

まとめ

古風で、落ち着いた印象がありながら、しっかりとした思いを伝えることができる「乎」という漢字をご紹介しました。

お子さまの名付けの参考にしていただけるとうれしいです。