「啓」の意味や由来、読み方って?「啓」を使った男の子・女の子の名前37選

スポンサードリンク

「啓」の意味や由来、読み方って?「啓」を使った男の子・女の子の名前37選

手紙を書くときに拝啓・・と使う「啓」。

生活の中に密着した漢字の種類。

手紙の世界では「はじめる」という意味を込めます。

名前に使う場合には「啓」は、読み方も多い。

大きな意味としては人がわからないと感じることを教える。

そして導いく存在。

そのような大きな意味を込めて命名することが多いのです。

漢字全体のイメージとしてはやはり知的な雰囲気。

名前としてもポピュラーな漢字です。

「啓」について

字画数:11画
音読み:けい
訓読み:ひら(く)もう(す)

音読み訓読み、のほかにも読み方がある。

例えば「啓」という漢字を「あき」と読む場合もあります。

そのときには「啓斗」(あきと)や「啓夏」(あきな)という読み方をするのです。

あえて「けい」と読まずに他の響きで読む。

名前を付けるときに「啓」を選ぶ。

読み方だけを変えるという方法もあるのです。

「啓」のつく男の子の名前

・啓(さとし)
・明啓(あきのり)
・晃啓(あきひろ)
・和啓(かずひろ)
・啓我(けいが)
・啓護(けいご)
・啓志(けいし)
・啓祥(けいしょう)
・啓輔(けいすけ)
・啓太(けいた)
・啓辰(けいたつ)
・啓智(けいち)
・啓人(けいと)
・啓真(けいま)
・啓矢(けいや)
・澄啓(すみひろ)
・鷹啓(たかのぶ)
・輝啓(てるよし)
・智啓(ともはる)
・啓之(のりゆき)
・啓芽(はじめ)
・啓挙(はるき)
・啓斗(はると)
・啓杜(ひろと)
・啓道(ひろみち)
・啓夢(ひろむ)
・啓貴(よしき)
・芳啓(よしはる)
・啓一郎(けいいちろう)
・啓志朗(けいしろう)

指導者のような人格を

男の子に「啓」の文字を使う場合。

物事を明らかにする。

そのような意味を持つ漢字です。

人の先頭に立つような人格者になってほしい。

そんな親御さんの心を映す漢字です。

響きも漢字の読み方でずいぶんと変わります。

「啓」のつく女の子の名前

・明啓(あさひ)
・衣啓(いのり)
・啓奈(けいな)
・啓菜(さとな)
・啓栄(たかえ)
・千啓(ちひろ)
・啓菜(ひろな)

「啓」が名前に付く芸能人

スポンサードリンク


・江原 啓之
・鳳 啓助(故人)
・石坂 啓(漫画家)
・大沢 啓二(故人)

女の子にも知的な響きを

「啓」という文字には知的な響きがあります。

女の子の名前でも広く使われる漢字です。

読み方としては漢字次第でバリエーションが広がります。

「啓」という漢字の響きはさまざま

「啓」を一文字で「けい」と読む場合。

とても快活な印象があります。

とにかくフットワークの軽い知的な人。

そのような印象を周囲に与えます。

そのほかに「啓」と合わせる漢字によっても読み方が変わる。

それぞれに個性的な響きを持ち合わせることができます。

今風の響きでは「啓斗」で「はると」と読みます。

現代的な名前です。

女の子の名前でも「啓」にこだわりの漢字を合わせる。

それによって「啓菜」(けいな)や「千啓」(ちひろ)という名前になる。

どちらも愛らしい響きです。

「啓」は世界観のある漢字

知的好奇心を表現するような漢字。

知的で利発なイメージのある漢字。

だからこそ名前に多く使われるのです。

常に前進をしていくという印象。

良い意味の熟語や言葉があります。

例えば「自己啓発」が良い例です。

賢い子にそだってほしい

「啓」という漢字を名前に付ける。

それだけでとても理解力のある子。

そして自発的でなんでも前向きに考える子。

そんな印象を周囲に与えます。

「啓」という文字には賢い、というイメージがあります。

みんなの先頭に立てる利発な人格を持ってほしい。

そんな親としての気持ちが込められているのです。

「啓」という漢字の持つ力

「啓」には、ひらく、あける。

そんな意味がこめられています。

生まれてきた赤ちゃんの未来の道をひらく、あける。

そのような気持ちを重ねて名付ける。

それは親としての思いです。

そして自分の道だけではなく人の道も開く。

人格の豊かな子供の成長を願うのです。

熟語の世界の「啓」

「啓」は四字熟語の世界でも使われています。

例えば有名な四字熟語に「一筆啓上」があります。

これは手紙や書面を書き始める際に使う四字熟語。

特に男性が手紙を書くときに使う傾向があります。

そのほかにも「啓」の付く熟語は多い。

実際に「啓発」「啓蒙」「啓行」という前向きな熟語の多さが特徴です。

「啓」の持つ歴史

歴史上では皇太子や三后に何かを申し上げる場合。

「啓」を使った文書を差し出すという習わしがありました。

奈良時代には私文書の形式として「啓」は広く用いられていました。

まとめ

「啓」の場合には漢字に対する思い入れ。

これが親として強くなると思われます。

我が子の名前の一文字に「啓」を使いたい。

そう考えて命名をする。

利発さや知的差を兼ね備える文字。

「啓」という漢字の持つ印象。

これらを最優先することも、名前を付けるきっかけなのです。

様々な熟語などにも良い意味で用いられる「啓」という漢字。

赤ちゃんの名づけの場面でも有用な漢字です。