妊婦はめかぶを食べちゃダメ?妊娠中のめかぶの効果と3つの影響と栄養素

スポンサードリンク

妊娠中は食べてはいけないものも以外とたくさんあって、何を食べたら良いか悩んでしまう妊婦さんもいることでしょう。

しかし妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにもバランスよく栄養を摂らなくてはいけませんよね。

いろいろな食材から様々な栄養素を摂ることが妊娠中は特に望ましいです。

そんな中、今回記事にあげるめかぶ。

ねばねば粘り気がありながら、こりこりした歯ごたえが食欲をそそりますね。

もずく酢のような酸味もないので、比較的食べやすい食材です。

そのままでももちろん、ご飯や豆腐の上にかけてもおいしいですし、納豆と併せるのも粘り気が相まって食が進みます。

そしてのど越しがつるっとしているので、つわりの時期なども食べやすいのではないでしょうか。

ところでめかぶといえば健康的な食材というイメージが強いですが、妊婦はめかぶを食べることに問題はないのでしょうか。

先に結論を言うと、妊婦がめかぶを食べることは問題ありません。

むしろめかぶには、以下のような食べると妊婦に嬉しい効果が10個あります。

・免疫力向上

・がん予防

・生活習慣病予防

・高血圧の改善

・胃粘膜の保護

・糖尿病予防

・便秘改善

・ダイエット

・美肌効果

・育毛効果

いろいろな効果があるめかぶを妊娠中も健康のために食べたいですね。

ただし、妊婦がめかぶを食べる時には注意点が3つあります。

・食べ過ぎない

・温かくして食べる

・毎日は食べない

この3つの注意点を守っていろいろな効果のあるめかぶを妊娠中も積極的に食べましょう。

今回は妊娠中のめかぶの正しい食べ方と注意点について解説をしていきます!

参考にしてください♪

妊婦さんに嬉しい栄養がたくさん♪妊娠中のめかぶの10の効果

めかぶには妊婦にも嬉しい効果がなんと10もあるんです!

まさに海洋のスーパーフードといえるのではないでしょうか。

早速、妊婦に良いめかぶの魅力を順に説明していきます。

1.免疫力向上

妊娠中はホルモンのバランスが変化するため免疫力が低下してしまいます。

免疫力が低下すると風邪を引いたりとトラブルが起こりがち。

そんな時はめかぶを食べて免疫力をアップさせましょう。

2.がん予防

がんは日本人の死亡原因のトップ1の病気です。

日本人の多くの方ががんにより亡くなっているのですね。

年齢に関係なく起こる病気ですので、妊娠中もがんにならないとも限りません。

これから生まれる赤ちゃんと健康な生活をおくるためにも、がんはしかり予防したほうが良いです。

めかぶはがん予防の効果もあるのでおすすめの食材です。

3.生活習慣病予防

めかぶに含まれているアルギン酸は、コレステロールを吸収するのを防ぐ力があります。

コレステロールが低下すれば生活習慣病にかかるリスクも低減。

妊婦もめかぶを食べると良いですね。

4.高血圧の改善

めかぶに含まれるアルギン酸は、ナトリウムを体外に排出する働きもあります。

ナトリウムが抑えられれば高血圧を予防したり改善したりできます。

妊娠中は血圧も普段より高くなりがち。

高血圧にならないためにもめかぶは役に立ってくれます。

関連記事

妊娠高血圧症候群とは?原因や症状と治療方法、4つの予防策

5.胃粘膜の保護

めかぶに含まれるフコダインの働きにより、胃の炎症を抑えたり胃の粘膜を保護することができます。

妊娠中は胃もたれに悩まされる妊婦さんが少なくありません。

めかぶで胃を守って快適に生活したいですね。

6.糖尿病予防

めかぶに含まれるフコダインとアルギン酸は、血糖値の上昇を穏やかにしてくれる働きもあります。

普段は大丈夫だった人でも、妊娠中は妊娠糖尿病にも注意が必要です。

めかぶは糖尿病の予防をしてくれるので妊婦も食べたい食材ですね。

関連記事

妊娠糖尿病とは?胎児への影響と妊娠中に気をつける7つの予防策と解決策

7.便秘改善

めかぶに含まれるフコダインとアルギン酸は脂溶性の食物繊維です。

腸の運動を促進し。腸の中の不要物を吸着してくれるので便秘の解消に効果的。

妊娠中はホルモンバランスの変化や大きくなったお腹の圧迫で便秘になることが多いです。

薬に頼らずめかぶを食べて便秘解消できたら良いですね。

8.ダイエット

スポンサードリンク


めかぶはカロリーが低く、便秘も解消するためダイエットに効果的です。

妊娠中は体重を増やしすぎないことが大事です。

妊娠中に体重が増えすぎてしまうと、難産になったりお腹の赤ちゃんに悪い影響も。

めかぶを食べて体重管理をしっかりとしましょう。

9.美肌効果

めかぶのネバネバに含まれるビタミンB2やヒアルロン酸が肌に潤いを与えて美肌にしてくれます。

妊娠中は栄養素がお腹の赤ちゃんに取られて肌がカサカサになりがち。

美肌効果のあるめかぶは妊婦にも嬉しい食べ物です。

関連記事

妊婦って肌荒れしやすいって本当?妊娠中の肌荒れの原因と4つの改善対策

10.育毛効果

めかぶに含まれるフコダインは髪の毛を丈夫にし、発毛を促進します。

また、アルギン酸がキューティクルを補修してくれるのでツヤツヤの髪に!

妊娠中は髪もパサパサになりがちですが、めかぶを食べて綺麗な髪を目指しましょう。

妊娠中でも食べ過ぎはダメ!妊婦がめかぶを食べる時の注意点

妊婦に良い効果がたくさんあって積極的に食べたいめかぶですが、妊婦がめかぶを食べる時は3つの注意点があります。

・食べ過ぎない

めかぶには妊婦に良い栄養素も多いですが、妊婦が摂りすぎてはいけない成分も含まれています。

それがめかぶやもずく、海苔など海藻類などに多く含まれる「ヨウ素(ヨード)」です。

このヨウ素は妊婦にもお腹の赤ちゃんのためにも必要な栄養素なのですが、摂りすぎると問題が起きる場合があります。

妊婦がヨウ素を摂りすぎた場合お腹の赤ちゃんが甲状腺機能の障害になってしまうことがあるのです。

そのため厚生労働省は、妊婦の1日のヨウ素の摂取量を2000μgと定めています。推奨される摂取量は110μgです。

めかぶは100gあたりのヨウ素の含有量は390μgです。

つまりめかぶは30gも食べれば妊婦さんは充分であまり食べ過ぎるのは心配ということがいえます。

ちなみにもずくは140㎍。めかぶの半分以下ですね。

別件ですが、同じく厚生労働省も注意喚起しているものには葉酸というビタミンB群の1つもあげられます。

葉酸は妊活中に必要とされがちですが、実は妊婦さんにも必要不可欠な栄養素。

よって葉酸は妊娠中も必ず接種するよう徹底してください。

葉酸については下記ページで詳しく解説をしています。

葉酸サプリランキング2018~市販vs通販!妊娠中におすすめ葉酸サプリ35選

・温かくして食べる

妊娠中は冷えが大敵です。

体の冷えが原因でお腹の張りなど様々なトラブルが起こることがあります。

めかぶは美味しいですが、できれば冷たい料理で食べずに汁物に入れるなど温かくして食べるのがおすすめ。

特に冬は体が冷えないように注意しましょう。

関連記事

妊婦の冷えは大敵!妊娠中の冷え、胎児への影響9つの理由と対策

・毎日は食べない

上記であげたことから、妊婦はめかぶを食べすぎてはいけないということがわかりました。

1日に食べる量もそうですが、毎日のようにめかぶを食べるのもあまり望ましくありません。

妊婦はバランスの良い食事を摂ることが望ましいので、いろいろな食材から栄養を摂るようにしましょう。

妊婦初期から中期、妊娠後期まで食べられるめかぶには3つの注意点が!

めかぶには妊婦に嬉しい効果が10個ありました

・免疫力向上

・がん予防

・生活習慣病予防

・高血圧の改善

・胃粘膜の保護

・糖尿病予防

・便秘改善

・ダイエット

・美肌効果

・育毛効果

どれも妊婦には嬉しい効果ばかりです。妊娠中はぜひめかぶを食べたいですね。

しかし妊婦がめかぶを食べる時は3つの注意点がありました。

・食べ過ぎない

・温かくして食べる

・毎日は食べない

しっかりと3つの注意点を守って妊娠中でもめかぶを食べて効果を実感しましょう。