妊婦と下痢〜妊娠中に下痢でお腹が痛い5つの原因や影響と対策

スポンサードリンク




妊娠中は妊娠前と比べて体調が変化しやすくいろいろなトラブルにも見舞われます。

下痢もその一つ。妊娠中に妊娠前以上に下痢になる妊婦さんは多いです。

妊婦が下痢になるのには5つの原因があります。

・ホルモンのバランス

・体力の低下

・体の冷え

・食べ過ぎ

・食中毒や胃腸炎

妊娠中になる下痢の主な原因は以上の5つです。

それぞれの原因にしっかりと以下のような対策をとりましょう。

・無理をしない。

・体を冷やさない

・食べ過ぎない

・鮮度の良いもを食べる

・生物は避ける

・マスクや手洗いうがい

妊娠中の下痢はお腹の赤ちゃんにも影響がないか心配になってしまいますよね。

きちんと対策して辛い下痢にならないようにしましょう。

○ホルモンが関係していた!?妊娠中の下痢の原因

妊娠中はプロゲステロンという黄体ホルモンが多く分泌されます。

プロゲステロンの分泌により、妊娠を保っていられるので重要なホルモンです。

しかし、プロゲステロンの分泌が増えることによってホルモンのバランスが崩れ体調や体質が変わってしまいます。

普段はならなかった頭痛や腰痛、下痢もその一つ。

ホルモンのバランスの変化によって、下痢と便秘を繰り返すようになる方もいます。

また、妊娠中は普段と比べて抵抗力も体力も落ちています。腸内環境も不安定になり下痢を引き起こすこともあります。

疲れやすくもなっているので妊娠中は無理をせずに過ごしましょう。

下痢の原因の一つに体の冷えもあります。

妊婦は特に体が冷えやすいので注意が必要です。

妊婦の体の冷えはお腹の赤ちゃんにも良くありません。

妊婦さんの下半身が冷えているとお腹の赤ちゃんが寒がって頭を上にしてしまうので逆子になってしまうこともあります。

私の妊娠中がそうでしたが、臨月前に逆子になってしまいました。

冷えが原因かもと思い、夏でしたが靴下を履いたりスパッツを履いたり特に下半身を冷やさないようにしたところ、臨月には逆子が治っていました。

食べ過ぎも下痢の原因になります。

妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養を取られている分、妊婦はすごくお腹がすきますよね。

たくさん食べたくなってしまう気持ちもわかります。

昔の人はお腹の赤ちゃんの分も食べなさいと言って妊婦さんにたくさん食べさせていましたよね。

今は太りすぎは赤ちゃんにも母体に良くないことがわかってきて、病院でも体重が増えすぎないように指導されます。

たくさん一度に食べすぎると太る原因にも下痢の原因にもなりますので控えましょう。

食中毒やウイルス性胃腸炎なども下痢の原因になります。

妊婦は抵抗力が落ちていて食中毒になりやすいです。

生物を食べるのは控えた方が良いですね。食材の鮮度にも気をつけましょう。

古いものは食べない方が無難です。

妊娠前は大丈夫でも妊娠中は食あたりになることがありますから・・・。

ウイルス性胃腸炎の流行時期は人混みを避け、マスク手洗いうがいを徹底しましょう。

もしかかってしまったら病院に行って妊婦でも飲める薬をもらいましょう。

妊娠中に病気になるとママも辛いですが赤ちゃんも心配です。

予防を徹底して、もしかかってしまったら早めに治してくださいね。

○薬は飲める?妊婦の下痢対策

妊娠中の下痢の原因は5つありました。

では下痢にならない良いにするには、またはなってしまったらどうしたら良いのでしょうか。

薬は飲んでも良いの?

妊娠中の下痢の対策をご紹介します。

妊娠中に不快な下痢にならないためにはまずは予防することが大事です。

妊娠中は疲れやすく抵抗力も落ちているので無理はせずに元気な状態をキープしましょう。

疲れが溜まっていたりすると、下痢にもなりやすくなります。

妊婦の下痢は体の冷えが原因になることもあります。妊娠中の冷えは赤ちゃんにも良くありません。

なるべく冷やさないように暖かい服装をしましょう。冷たいものばかり食べたり飲んだりするのも良くありません。

私のオススメは白湯です。

暖かい白湯を飲むとすっきりしますし、体もポカポカお腹にも優しいです。

朝起きて最初の水分を白湯にすると体にも良いしダイエットにもなります。

食べ過ぎが原因で下痢にもなるので、暴飲暴食はやめましょう。

特に油物や冷たいものをたくさん食べると下痢になることが多いです。腹八分でやめておくと良いですね。

妊娠中は抵抗力が落ちていて、食中毒になりやすいです。食べるものの鮮度に気をつけ、生物は控えた方が良いでしょう。

ウイルス性の胃腸炎は飛沫感染します。

流行している時期に人混みに行ってうつっては大変。

外出時はマスクを着用してください。

帰宅時、食事の前、トイレの後にも手洗いをきっちりすると良いですね。

下痢になってしまったら、トイレで出し切ってしまうことが大事ですが薬で腸内環境を整えることも大事です。

妊婦も飲める整腸剤はビオフェルミンなどです。お腹の赤ちゃんには影響しないので安心して飲めますよ。

しかし、下痢の原因がはっきりわからないと心配ですので病院で診察してもらうと良いでしょう。

○すぐ病院へ!妊婦の心配な下痢の症状

スポンサードリンク


冷えや食べ過ぎからくる下痢はさほど心配入りません。

自宅で様子をみたりビオフェルミンで腸内環境を整えてみてください。

しかし、妊婦のなる下痢でも心配な症状のものもあります。すぐに病院にいくようにしましょう。

・腹痛と水下痢・・・

水のような下痢でお腹が痛い場合はウイルス性の胃腸炎の可能性があります。

脱水症状を起こしやすいので注意が必要です。家族にも感染しますので早めに病院に行った方が良いです。

・不正出血を伴う下痢・・・

不正出血を伴う下痢の場合、お腹の赤ちゃんに異変が起こっている可能性があります。

切迫流産や切迫早産かもしれません。早急に病院でみてもらってください。

・お腹の張りのある下痢・・・

下痢と同時にお腹が張る場合も注意が必要です。

多少の張りなら問題ないですが、強いお腹の張りは早産の危険もあります。早め病院にいきましょう。

お腹の張りは出血を伴う下痢は心配なことが多いので病院でみてもらってください。

下痢の刺激でお腹が張ったり、お腹が張ったことで早産や流産を引き起こしてしまうことも考えられます。

お腹の赤ちゃんが心配な時は念のためでも受診するのが良いですね。

○妊婦のトラブル下痢、原因を知って対処しよう。

妊娠中の不快なトラブル下痢。原因は5つでした。

・ホルモンのバランス

・体力の低下

・体の冷え

・食べ過ぎ

・食中毒や胃腸炎

ホルモンのバランスはどうしようもないですが、他の原因はきっちり対処して下痢にならないようにすると良いでしょう。

・しっかり疲れをとって無理はしない

・体を冷やさない

・食べ過ぎない

・生ものは避け新鮮な食材を食べる。

・マスクや手洗いうがいをする

下痢が原因でお腹の赤ちゃんに悪い影響を与えることもあります。お腹が張ってしまったり早産になることも。

しっかりと予防して対策して過ごしましょう。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です