赤ちゃんの離乳食でプリンはいつから食べて大丈夫?3つの注意点とおすすめレシピ

赤ちゃんはプリンをいつから食べて大丈夫?3つの注意点とおすすめレシピ

プリンと聞いて、なにを思い浮かべますか?

私は定番のカラメルソース入りのカスタードプリンを思い出します。

他には、牛乳プリンやマンゴープリン、プリンには色々な種類があります。

カスタードプリンにも、生クリームが乗っているものだったり、食感がちょっと違うものだったりと多種多様。

好みのプリンもあれば、これはちょっと……というものも。

濃厚な味のものが、私は好きですが、2歳になる息子はちょっと苦手なようで、あっさり味のものを好んで食べています。

この記事では、プリンについて詳しくご紹介します。

ポイントは7つです。

  • プリンってどんな食べ物?
  • プリンの栄養価
  • 赤ちゃんはプリンをいつから食べてもいい?
  • 離乳食に使用するプリンの選び方
  • プリンを食べさせる時の3つの注意点
  • 離乳食時期別おやつの目安カロリー
  • 離乳食時期別オススメレシピ

記事を最後まで読んでいただくと、今日のおやつはプリンにしたくなるかも!?

ぜひ、参考にしてくださいね。

プリンってどんな食べ物?

卵と牛乳、砂糖で作られたお菓子です。

正式な名称は、カスタードプディング。日本ではなまってプリンと呼ばれています。

『プリン』の種類は豊富で、カラメルソースの『カスタードプリン』の他、『牛乳プリン』『マンゴープリン』『チョコプリン』など、数多くスーパーなどで売られています。

これらの商品は必ずしも卵と牛乳、砂糖のみで作られていませんが、プリンとして売られています。

プリンの栄養価

タンパク質、脂質、炭水化物、ミネラル(ナトリウムとカリウム)、ビタミンA、B2などが豊富です。

タンパク質は、筋肉や臓器の構成に必要な栄養素です。

脂質はエネルギー源になります。

炭水化物は脳を活性化さえる働きがあります。

ナトリウムは、体液量の調節、神経機能を正常に維持する効果、筋肉の動きを正常に保つ働きがあります。

カリウムは高血圧や動脈硬化、脳梗塞などの予防になります。

ビタミンAは免疫力を高め、感染症などを防ぎます。また、目の健康を守る効果もあります。

ビタミンB2は、皮膚や粘膜を健康に保つとされています。

赤ちゃんはプリンをいつから食べてもいい?

市販のプリンの場合は、パクパク期(1歳~1歳半)から食べさせても大丈夫です。

食べさせる量は、5分の2個までとしましょう。

手作りをするなら、材料にもよりますが、だいたいカミカミ期(生後9か月~11か月)から。

量は50~70gを目安に食べさせましょう。

離乳食に使用するプリンの選び方

スポンサードリンク


市販のものは、糖分や添加物の心配があるので、離乳食のときは手作りするのがオススメです。

プリンを食べさせる時の3つの注意点

①アレルギーに注意が必要です!

プリンには『卵』『牛乳』が使用されています。

これらは特にアレルギーになりやすいので注意が必要な製品とされています。

プリンを初めて食べさせるときは、注意深く子供の様子を見守る必要があるでしょう。

まずはスプーン一杯から。

アレルギー症状が出ていないかを見ながら量を増やすようにしてください。

マフィンでアレルギーになるとしたら『口腔アレルギー症候群』です。

このアレルギーはプリンを食べたあと、口の周辺や舌などが赤く腫れ、時には身体に発疹がでたりします。

そのほかに代表的な症状としまして、目の充血や痒み、鼻水や身体の発疹などが現れましたら、アレルギーを疑いましょう。

重篤な症状になると、呼吸困難などになってしまうこともあるのでくれぐれも注意してください。

たとえ呼吸困難などの症状がなく緊急性が低くても、アレルギー反応が出た場合は、かかりつけの小児科を受診するようにしましょう。

②食べさせ過ぎに注意が必要です。

プリンは砂糖が多く使用されているので糖分や脂肪分が高めで、食べさせ過ぎには注意が必要です。

甘くて美味しいので、赤ちゃんが『もっとちょうだい』とおねだりするかもしれませんが、カロリーの摂りすぎは肥満などのリスクがあります。

それに加え、虫歯の心配も。

おやつとして食べさせる量は、市販のプリンの場合は5分の2個までとし、くれぐれも食べさせ過ぎには気を付けましょう。

③身体を冷やしすぎないように注意しましょう。

プリンは冷たいデザートです。

夏場の離乳食のおやつにもってこいのメニューとなりますが、あまり食べさせると身体を冷やしてしまいます。

下痢などお腹を下す原因になるので、食べさせ過ぎには注意しましょう。

離乳食時期別おやつの目安カロリー

モグモグ期(7、8か月)

スポンサードリンク


基本は不要です。

赤ちゃん用のおせんべいなど、手づかみ食べの練習をする程度に。

誤飲の危険があるので、おせんべいを食べているときは、赤ちゃんの様子を見守っていてください。

カミカミ期(9~11か月)

1日1回、10か15時ごろに与えるのがオススメです。

カロリーは50~60を目安に。

赤ちゃん向けのクラッカーやおせんべい、果物などと水分(麦茶や湯冷まし)が理想です。

パクパク期(1歳~1歳半)

1日1回、15時ごろに与えるのがオススメです。

カロリーは65を目安に。

赤ちゃん向けのクラッカーやおせんべい、果物などと水分(麦茶や湯冷まし、牛乳)が理想です。

離乳食完了後(1歳半~2歳まで)

1日2回、10時と15時ごろに与えるのがオススメです。

カロリーは2回合わせて140を目安に。

食事で補いきれない栄養素を取り入れたおやつにしましょう。

野菜を細かく刻んで入れたパンケーキや蒸しパンなどがオススメです。

不足しがちな鉄分やミネラルを中心に食べさせると◎。

※主なミネラル源・鉄分→かぼちゃ、にんじん、ドライフルーツ、寒天、海苔、ひじき、果実類

離乳食時期別オススメレシピ

カミカミ期(生後9か月~11か月)

かぼちゃプリン

材料:牛乳100ml、玉子1個、かぼちゃ20g

↓作り方↓

①かぼちゃを種を取り除き、レンジでやわらかくなるまで加熱します。

②ボウルに牛乳と玉子入れてよくかき混ぜます。※泡だて器を使うのがオススメ。

②つぶしてマッシュ状にしたかぼちゃを加えて、さらに混ぜ合わせます。

③ざるでこしてなめらかにしたあと、プリンの素をココットなどの耐熱容器に流し入れます。

④耐熱容器にアルミホイルをかけましょう。

⑤底の深いフライパンかお鍋に容器を入れます。

⑥容器の半分ほど浸るぐらいの水をフライパンに入れたら火をつけます。

⑦沸騰したら弱火で5分蒸した後、10分ほど放置しましょう。

⑧固まっていたら冷蔵庫で冷やしてできあがりです。

※プリンがどろどろの状態の場合は、1、2分再加熱しましょう。

パクパク期(生後1歳~1歳半)

手作りカスタードプリン

スポンサードリンク


材料:牛乳100ml、玉子1個、オリゴ糖(なければ砂糖)5g

↓作り方↓

①ボウルに牛乳と玉子、オリゴ糖を入れてよくかき混ぜます。※泡だて器を使うのがオススメ。

②ざるでこしてなめらかにしたあと、プリンの素をココットなどの耐熱容器に流し入れます。

③容器にアルミホイルをかけましょう。

④底の深いフライパンかお鍋に容器を入れます。

⑤容器の半分ほど浸るぐらいの水をフライパンに入れたら火をつけます。

⑥沸騰したら弱火で5分蒸した後、10分ほど放置しましょう。

⑦固まっていたら冷蔵庫で冷やしてできあがりです。

※プリンがどろどろの状態の場合は、1、2分再加熱しましょう。

プリンは子供に人気のおやつです。

口当たりがなめらかで甘くて美味しいプリンは、子供に人気のおやつです。

かぼちゃやバナナ、ミルクなど、プリンはさまざまな味があるので、毎日おやつはプリンにしても飽きることはないのかもしれません。

手作りするのもそれほど難しくないので、チャレンジしてみるのもちょっとした息抜きになるかも。

自分の子育てスタイルにあった方法で、プリンを子供と一緒に楽んでくださいね。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です