赤ちゃんの離乳食でスパゲッティはいつから食べて大丈夫?5つの注意点とおすすめレシピ

洋食店やおうちの夕ご飯のメインや、ランチなどでよく食べているスパゲッティ。

お母さんやお父さんも好きな人が多いのではないでしょうか?

赤ちゃんも一緒に、同じメニューで食べていきたいですね。

しかし、スパゲッティはうどんに比べると少し硬めなので、赤ちゃんに食べさせて良いのか悩む人も多いようです。

硬さだけでなく、スパゲッティの塩分量やアレルギーにも不安があります。

レトルトのものや外食で出されるスパゲッティは、味付けも濃いので、赤ちゃんに食べさせるのを少し躊躇してしまいますよね。

「赤ちゃんはいつからスパゲッティを食べてもいいの?」

「スパゲッティを食べさせるときに注意することはある?」

「スパゲッティを使った離乳食のレシピが知りたい!」

など、今回は、赤ちゃんとスパゲッティについての疑問や不安を解消していきましょう。

  • 赤ちゃんがスパゲッティを食べられる時期
  • スパゲッティを食べさせるときの5つの注意点
  • カミカミ期のおすすめレシピ
  • パクパク期のおすすめレシピ

ご飯やうどん以外の離乳食のメインを作りたいお母さん、離乳食のメニューがマンネリ化してきた人、これから赤ちゃんにスパゲッティを食べさようと考えているお母さんなどの参考になれば嬉しいです。

赤ちゃんはスパゲッティをいつから食べても大丈夫なの?

スパゲッティは、頑張ってやわらかく茹でても、うどんのようにトロトロになることはありません。

そのため、奥歯や前歯でしっかりと噛む力が必要になります。

赤ちゃんの歯の生え具合にもよりますが、基本的には後期のカミカミ期から、スタートするとよいでしょう。

まずは、赤ちゃんの普段の食事の様子をみて、噛んで食べているかどうかチェックしてみましょう。

すぐに飲みこまずに、モグモグ、カミカミして食べているようであれば大丈夫です。

また、スパゲッティは、ご飯やうどんに比べると、消化する力が必要です。

赤ちゃんの消化機能は発達の途中なので、もう歯が生えているからと、早めに食べさせてしまうと内臓に負担がかかる可能性があるので、できればカミカミ期から始めましょう。

赤ちゃんにスパゲッティを食べさせるときに気を付けてほしい5つのこと

ゆで時間は長めにする

スパゲッティをおうちでゆでる時には、目安のゆで時間が表示されています。

大人はそれで美味しく食べられるのですが、赤ちゃんにとっては、とても硬いのです。

なので、初めのうちはゆで時間+5分ほどで様子をみて、赤ちゃんが食べにくそうであれば、もう少し長めに茹でてあげましょう。

赤ちゃんが食べられるようであれば、少しずつ硬さを調節していきましょうね。

初めは短く切ってから食べさせて!

赤ちゃんは、まだまだ噛みきる力が弱いので、スパゲッティが長いまま飲みこんでしまうこともあります。

そうなると、「おえっ」となる原因になったり、それ以降スパゲッティを食べてくれなくなったりすることも。

茹でる前にポキポキ小さく折るのは難しいので、茹でた後にキッチンバサミや包丁などで、細かく細かく切ってあげるようにしてください。

アレルギーを起こす可能性もある

市販のスパゲッティは、原材料にデュラム小麦をつかっているものもあり、主にスパゲッティやマカロンに多く使われ、柔軟で弾力性のある食感のあるパスタができます。

小麦からできており、食物アレルギーの3番目に多いアレルゲンでもあります。

そのため、まだ、小麦のアレルギーを試したことがない赤ちゃんに、スパゲッティを食べさせるときには、午前中に一口だけ食べさせ、1日様子を見るようにしましょう。

また、ソースに海老などの魚介類や卵、牛乳なども使われていることがあるので注意が必要です。

湿疹やかゆみ、のどの腫れ、下痢、喘息など何かいつもと様子が違うようであれば、早めにかかりつけ医に相談するようにしてください。

市販のスパゲッティの中には、アレルギー対応のもので、米からできたものや、とうもろこしやじゃがいもで出来たものなど種類もたくさんあるので、

そちらで食べさせると良いでしょう。

味付けは薄味にする

スポンサードリンク


スパゲッティの味付けと言えば、ミートソースやナポリタン、カルボナーラなど、味の濃いものが思い浮かびます。

ソースは、レトルトを使うというご家庭も多いですよね。

しかし、大人と同じ味付けのまま赤ちゃんに食べさせると、とても味が濃いので、水を足したり、ソースは手作りにして保存したりすることをおすすめします。

また、レトルトや粉末状のソースは、添加物も含まれていることが多いので、赤ちゃんには不向きです。

外食でのスパゲティは赤ちゃんには不向き

レストランなどでのスパゲッティも、味が濃い傾向にあります。

にんにくや唐辛子などの香辛料も多く使われていることがあるので、基本的には、外食でのスパゲッティは赤ちゃんには食べさせない方がよいでしょう。

どうしてもという時には、お店の方に、赤ちゃんでも食べられる食材が入っていることを確認してから、ソースをできるだけ付けずに麺の部分だけ取り分け、小さく切ってから食べさせるなどの工夫をしましょう。

カミカミ期(生後9~11ヶ月頃)のおすすめレシピ

ツナと野菜たっぷりのスープスパゲッティ

<材料>

  • ツナ缶 10g
  • にんじん 10g
  • 玉ねぎ 10g
  • ほうれん草 5g
  • スパゲッティ 15本
  • 水 大さじ4
  • ベビー用コンソメ(又は野菜の煮汁でもOK) 1袋

<作り方>

1.スパゲッティを15本、表示の時間より長めに茹でます。茹でたら食べやすい大きさに切ります。

2.にんじん、玉ねぎ、ほうれん草を5㎜~1㎝ほどの大きさに切って、茹でます。

3.野菜がやわらかくなったら取り出して、水気を切っておきましょう。

4.ツナは、熱湯をかけ、油抜きをしておきます。

5.お皿に水大さじ4とベビー用コンソメをいれて、よく混ぜ合わせます。

6.5にパスタと野菜とツナもいれて、良く混ぜたら、レンジで500w30秒加熱して出来上がりです。

カルボナーラ風スパゲッティ

スポンサードリンク


<材料>

  • スパゲッティ 25g
  • ほうれん草 1枚
  • 牛乳 大さじ1
  • 卵 2分の1個
  • スライスチーズ 2分の1枚

<作り方>

1.小さく折ったスパゲッティ、細かく切ったほうれん草の葉先を一緒にやわらかくなるまで茹でます。

2.チーズを小さくちぎり、溶き卵を混ぜておきます。

3.スパゲティがゆであがったら、ザルにあげて水気を切ります。

4.鍋にスパゲッティとほうれん草を戻して、牛乳を加え、弱火で加熱します。

5.牛乳が沸々したら、火を止めて、2を流しいれ、かき混ぜます。

6.また、弱火で加熱し、卵にしっかりと火が通ったら出来上がりです。

キャベツ入りのクリームスパゲッティ

<材料>

  • スパゲッティ 20本
  • キャベツ 20g
  • 小松菜 10g
  • しめじ 小さめ5本ほど
  • 調乳ミルク 50㏄
  • チーズ 少々
  • ベビー用コンソメ 少々

<作り方>

1.スパゲッティを表示時間通りに茹でます。

2.野菜としめじは、みじん切りにして食べやすい大きさにします。

3.スパゲッティが茹で上がったら、ザルにあげて水気を切ります。

4.鍋に野菜としめじと水をいれて、やわらかくなるまで茹でます。

5.別の鍋にミルクとコンソメを入れて、ひと煮立ちしたら、スパゲッティと4の野菜をいれます。

6.スパゲッティがやわらかくなるまで茹で、最後にチーズを入れれば完成です。

パクパク期(1歳~1歳半頃)のおすすめレシピ

バター醤油スパゲッティ

スポンサードリンク


<材料>大人1人子ども1人分

  • スパゲッティ 100g
  • ツナ 1缶
  • にんじん 3分の1本
  • ブロッコリー 5本
  • バター 大さじ3分の2
  • 醤油 小さじ1
  • 水 大さじ3

<作り方>

1.スパゲッティは小さく折って茹でます。ブロッコリーも一緒に茹でましょう。

2.にんじんは粗みじん切りにし、耐熱容器に入れラップをしてレンジで加熱してやわらかくします。

3.ツナに熱湯を回しかけて、油抜きをします。

4.フライパンにバターを熱し、ツナとにんじんを炒めます。

5.4にスパゲッティとブロッコリーも入れて軽く混ぜます。

6.醤油を水大さじ3で薄めて、フライパンの端から回しかけるように入れます。

7.最後に強火にして、さっと水分を飛ばしたら出来上がりです。

納豆好きにはこれ!和風スパゲッティ

<材料>

  • スパゲッティ 100g
  • ひきわり納豆 20g
  • ひじき 5g
  • にんじん 5g
  • ほんだし 少量
  • 醤油 4滴
  • バター 小さじ2分の1
  • 刻みのり 少々
  • かつおぶし 少々

<作り方>

1.ひじきを水でもどしておきます。

2.人参は粗みじん切りにして、レンジでやわらかくします。

3.納豆は熱湯を回しかけて、粘りを取り除きます。

4.スパゲッティを小さく折って表示時間より長めに茹でましょう。

5.フライパンにバターを熱し、ひじきとにんじん、納豆をいれて混ぜ合わせます。

6.茹でたスパゲッティをいれて軽くまぜ、醤油を数滴、ほんだしを少々入れて混ぜ合わせます。

7.お皿に盛り付け、かつおぶしと刻みのりをのせたら完成です。

鮭とブロッコリーのクリームパスタ

<材料>

  • スパゲッティ 20g
  • ブロッコリー 2房
  • 焼き鮭 小さじ2
  • 野菜スープ 大さじ2
  • 牛乳 大さじ3
  • 塩 少々

<作り方>

1.ブロッコリーはやわらかく茹でてみじん切りにし、鮭はほぐしておきます。

2.スパゲッティを表示通りに茹でたら、キッチンバサミで小さく切ります。

3.鍋に、野菜スープ、鮭、ブロッコリーを入れて煮ます。

4.3に牛乳とスパゲッティを入れて、ひと煮立ちします。

5.塩で味を整えたら出来上がりです。

ピーマンもりもり!ナポリタン

<材料>

  • スパゲッティ 50g
  • にんじん 輪切り5枚
  • ピーマン 4分の1個
  • 玉ねぎ スライス5枚
  • ウインナー 1本
  • ケチャップ 大さじ2
  • バター 2g
  • 水 500㏄

<作り方>

1.スパゲッティを8等分に折り、野菜はみじん切りにします。

2.ウインナーは皮を向き、5㎜厚に切っていきます。

3.鍋で水を沸かしたら、1と2を入れて10分程、茹でます。

4.ケチャップをいれて、水分を飛ばしながら茹で、水気がなくなったらバターをいれて完成です。

まとめ

スポンサードリンク


赤ちゃんや子どもたちに大人気のスパゲッティは、忙しいお母さんの離乳食作りにピッタリです。

初めは、食べにくそうにしているかもしれませんが、少し様子を見てよく噛んで食べているようであれば、ゆっくり見守ってあげましょう。

アレルギーや味付けなど、注意することもありますが、アレンジの幅も広いので、ぜひ参考にして作ってみてくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です