「輔」の意味や由来、読み方って?「輔」を使った男の子の名前28選

スポンサードリンク

車の車輪を補強する木の意味を持つ。

人を助けるという意味にも使える。

良い縁に恵まれて人間関係を円滑に送れるようにという親の願いもこめられているのです。

「輔」という漢字について

字画数:14画
音読み:ふ、ほ
訓読み:すけ、たす(ける)

漢字の持つ意味としては人に寄り添い付き添って助ける。

意味としてはこれが一番浸透しているようです。

「輔」のつく男の子の名前

輔(たすく)
瑛輔(えいすけ)
桜輔(おうすけ)
音輔(おとすけ)
開輔(かいほ)
圭輔(けいすけ)
晃輔(こうすけ)
豪輔(ごうすけ)
佐輔(さすけ)
汐輔(しおすけ)
秀輔(しゅうすけ)
翔輔(しょうすけ)
輔虎(すけとら)
輔雅(すけまさ)
奏輔(そうすけ)
大輔(だいすけ)
凪輔(なぎすけ)
芳輔(ほうすけ)
基輔(もとすけ)
友輔(ゆうすけ)
遥輔(ようすけ)
竜輔(りゅうすけ)
亮輔(りょうすけ)
愛之輔(あいのすけ)
蔵之輔(くらのすけ)
淳之輔(じゅんのすけ)
新ノ輔(しんのすけ)
悠乃輔(ゆのすけ)

男の子の定番漢字として

とても男の子らしい響きを持つ「輔」。

こちらが名付けの際に広く使われる漢字です。

漢字の字面としてもとても良いので、人気の漢字です。

「輔」が付く名前の有名人・芸能人

髙木 大輔さん
内海 大輔さん
宮本 陽輔さん
鈴木 大輔さん
田中 広輔さん
野村 祐輔さん
葛原 俊輔さん
金丸 晃輔さん
菊田 大輔さん
佐藤 大輔さん
柴田 亮輔さん
藤ヶ谷 太輔さん
宝富士 大輔さん
伊藤 俊輔さん
大場 俊輔さん
高橋 大輔さん
水谷 百輔さん
伊藤 亮輔さん
竹内 公輔さん
加藤 良輔さん
勝野 洋輔さん
荒木 大輔さん
岡田 亮輔さん
渡辺 大輔さん
井川 祐輔さん
関口 大輔さん
中野 大輔さん
森 大輔さん
宮本 大輔さん
目黒 大輔さん
五十嵐 大輔さん
村本 大輔さん
松阪 大輔さん
加藤 大輔さん
石井 洋輔さん
上地 雄輔さん
中村 俊輔さん
引地 洋輔さん
永田 良輔さん
川口 大輔さん
岸尾 大輔さん
三浦 大輔さん
細見 大輔さん
尾崎 泰輔さん
宮川 大輔さん
古今亭 今輔さん
西川 大輔さん
薬師寺 大輔さん
中川 敬輔さん
荒木 大輔さん
笠井 信輔さん
立川 志の輔さん

人を助けるという意味のある「輔」

スポンサードリンク


男の子らしい響き共に「輔」には何かを助けるという大きな意味があります。

其れも何事においてもトップを司る人を補佐する。

そんな意味があるのです。

「輔」という漢字はとても良い漢字として、用いられているわけです。

「たすける」という気持ちは、人として忘れてはならない気持ちです。

意味の深い部分を理解して「輔」を選ぶことは、とても有意義なことなのです。

日本の律令制度においての「輔」

昔の律令制度では各省のトップの長官を「卿」と呼び、その次の位の人を「大輔」「少輔」名付けていました。

このことから、昔は長男に付ける名前の漢字としては避けられていた風潮もありました。

それでも最近では、長男にも「輔」を使うことが多くなってきました。

昔の律令制度などは今の時代には浸透していません。

今は、名前の意味や響きを重要視する。これが名付けの定番となっているわけです。

古風な名前にこめられた気持ち

「輔」は名前の漢字としてはとても古風です。

男の子にも現代的な名前を使う人が増えています。

あえて「輔」という漢字を選ぶことで、かえって斬新。そのような印象もあるのです。

漢字の字面をひも解いている、そうすると、深い意味が見えてくるのです。

助けて力添えをする

クルマヘンの横に見えてくる部分は植木や苗木という意味がある。

つまり、車輪の横に結びつけた木という意味を表現しています。

力添えをするとうことで、持ちつ持たれつ。

人間関係を円滑に営むという意味にも捉えられるのです。

そんな意味が気に入って子供の名前に付ける人。

これは、命名をするうえで大きな動機につながるのです。

男の子の名前として定番

男の子の止め字としては「輔」はあまりにも有名です。

一般的にその、掴みの良さや、フットワークの軽さを感じさせます。

ある意味即戦力の印象を与える点でも好まれる漢字です。

この名前の男の子は頼れる!

そんな印象を周囲に与える点でも、頼もしさも感じるわけです。

一文字で読む場合でも名付けに使われることもあります。

「すけ」という響きが素敵すぎる

男の子にもキラキラネームが流行しているご時世。

そんな中でも、「すけ」という響きは男気を感じさせて廃れない印象があります。

野球選手や芸能人の中にも「輔」を使った名前の人がいる。

そんな中、特に野球選手の松坂大輔選手が一世風靡をした時代。

この時には、「輔」という漢字が大流行をしました。

我が子にも同じような活躍を期待したい!

男の子の親御さんの気持ちはそこにありました。

平成の世の中になっても、「輔」という漢字は流行に左右されない根強い人気があります。

他の漢字にはない「輔」の魅力とは?

「介」という漢字も同じ響きを持つことから人気が高まっています。

それでもあえて「輔」を選ぶ理由。これは字面を眺めるとわかります。

直線や角が他の漢字に比べて多い。

そしてどっしりと構えている様子がうかがえる点が人気の秘密です。

人を助けて自分自身もしっかりと前を向いて生きていける人になってほしい。

親の願いは、いつの時代も子供の安泰を願ってやまないのです。