赤ちゃんの離乳食でうずらの卵をいつから食べて大丈夫?3つの注意点とおすすめレシピ

スポンサードリンク




赤ちゃんはうずらの卵をいつから食べても大丈夫?3つの注意点とおすすめレシピ!

八宝菜や筑前煮などに使われる、うずらの卵。

鶏卵より小さくて赤ちゃん食べきりのサイズで、ちょうどいいですよね。

でもうずらの卵って、赤ちゃんはいつから食べることができるのでしょうか?

与える時の3つの注意点と、おすすめレシピを紹介します。

この記事のポイントは5つです。

・そもそもうずらの卵とは?
・赤ちゃんはうずらの卵をいつから食べていい?
・うずらの卵をあげる時の3つの注意点
・緊急時の対応!
・簡単おすすめ!うずらの卵の離乳食レシピ

それでは解説をしていきます!参考にしてください♪

そもそもうずらの卵とは?

うずらの卵って何?

うずらの卵は、キジ科の鳥の卵です。

鶏卵に比べてふた回りほど小さい卵。

鶏卵の場合は1個46~76gなのに対して、うずらの卵は1個8~10g。

しかし鶏卵以上の栄養素もあります。

栄養成分

うずらの卵と鶏卵の全卵100g当たりの栄養を比べてみました。

【エネルギー】うずらの卵:179kcal、鶏卵:151kcal

【たんぱく質】うずらの卵:12.6g、鶏卵:12.3g

【脂質】うずらの卵:13.1g、鶏卵:10.3g

【炭水化物】うずらの卵:0.3g、鶏卵:0.3g

【灰分】うずらの卵:1.1g、鶏卵:1g

【ビタミンA】うずらの卵:350μg、鶏卵:140μg

【ビタミンB1】うずらの卵:0.14mg、鶏卵:0.06mg

【ビタミンB2】うずらの卵:0.72mg、鶏卵:0.43mg

【ビタミンB6】うずらの卵:0.7mg、鶏卵:0.08mg

【ビタミンB12】うずらの卵:4.7μg、鶏卵:0.9μg

【葉酸】うずらの卵:91μg、鶏卵:43μg

【カリウム】うずらの卵:150mg、鶏卵:130mg

【リン】うずらの卵:220mg、鶏卵:180mg

【鉄】うずらの卵:3.1mg、鶏卵:1.8mg

【メチオニン】うずらの卵:1189mg、鶏卵:413mg

【グリシン】うずらの卵:463mg、鶏卵:413mg

【DHA】うずらの卵:330mg、鶏卵:150mg

【食塩相当量】うずらの卵:0.2g、鶏卵:0.4g

鶏卵とタンパク質や脂質の含有量の割合はほぼ同等ですが、鉄・ビタミンA・レチノール・ビタミンB2は鶏卵より多く含まれています。

つまり貧血や冷え性、風邪や疲れている時、肌荒れなどに大活躍!

ただし、コレステロールも同等なので食べ過ぎには要注意です。

値段と用途

うずらの卵は、生のものと水煮のものがあります。

産地や半熟などに加工されている等の場合によって値段は異なりますが、おおよそは生の場合10個で100円、水煮の場合は10個で200円程度。

容量からすると鶏卵よりは少し高めですが、用途が異なるので別物と考えていいでしょう。

お弁当の中にゆで卵として入れたり、蕎麦や丼もの、串揚げ、八宝菜、筑前煮などに使えます。

調理上の注意

生で使う場合、うずらの卵は中の膜が丈夫なので普通に殻を破っても中身が上手くで出せません。

尖った方の先端をハサミで切ると、上手に取り出すことができます。

殻をむくときはボールに水を入れて、その中で剥くときれいにむけます。

保存方法

20度前後の室内で約2ヶ月、冷蔵庫なら3ヶ月程度保存が可能です。

ただし出荷年月日や消費期限・賞味期限などには要注意しましょう。

赤ちゃんはいつからうずらの卵を食べていいの?

スポンサードリンク


基本的には、鶏卵と同じ考え方です。

豆腐や白身魚などのたんぱく質が食べ慣れたら、与えてあげましょう。

赤ちゃんはうずらの卵を、黄身は離乳食中期モグモグ期(7〜8ヶ月)から、白身を含めた全卵は離乳食後期カミカミ期(9〜11ヶ月)から食べることができます。

ただし、生の状態はアレルギー重症化や食中毒の恐れがあるため3歳以降から。

うずらの卵は小さくて誤嚥の危険性があるので、必ず食べやすいようにしてから与えましょう。

うずらの卵を与える時の注意点3つ!

栄養豊富なうずらの卵。

赤ちゃんに与えるときには、次の3つの事に注意して下さい。

1つめは、与える前に身内を確認してから!

身内に、卵のアレルギーの人はいませんか?

アレルギーは遺伝する可能性があるので、注意が必要です。

身内に卵のアレルギーがいないか確認して、もしいるようであれば医師に相談してから与えましょう。

2つめは、初めて与える時は必ず加熱したものを。

身内に卵のアレルギーがいなくても、症状が出る可能性があります。

万が一食物アレルギーが発症した時に、重症化しないよう、初めて与える時は必ず加熱したものを与えましょう。

加熱したら鶏卵と同じ様に白身と黄身を分けて、まずは黄身だけ。カミカミ期からは加熱した白身を含めた全卵を与えることができます。

卵でいえば、鶏卵は食物アレルギー患者数では第1位の食品。

全体の6割という多さです。

食品表示衛生法では、鶏卵のアレルギー患者数が多いため、加工食品に卵を使用した場合は表示をするよう義務付けています。

3つめは、誤嚥の危険性

赤ちゃんはうずらの卵をそのまま丸呑みしてしまい誤嚥の危険性があるので、必ず半分に切るなどして食べやすいようにしてあげましょう。

うずらの卵は飴と違い水に溶けたりしないので、喉に詰まってしまった場合取り出すことが困難です。

食べやすいようにしたうえで、必ず大人が見ているところで与えましょう。

1回のうずらの卵の量は?

スポンサードリンク


月齢別で1回の鶏卵の摂取量は、おおよそ以下のようになっています。

うずらの卵も同量を離乳食に使ってあげましょう。

モグモグ期(7〜8ヶ月頃)は黄身のみ約20g(約2個分)

カミカミ期(9〜11ヶ月頃)は全卵約25~30g(約3個分)

パクパク期(1歳〜1歳6ヶ月頃)は全卵33~40g(約4個分)

アレルギー反応が出たら!

うずらの卵で食物アレルギーの症状出てしまった時の対応と、治療法を簡単にまとめてみました。

症状

・症状の現れ:食後1〜2時間。遅くても4時間以内。

・一般的な症状:症状で一番多いのは、皮膚症状。食品に触った手や口が赤くなったり、背中にかぶれや湿疹出たり。他には以下のような症状があります。

【目】…白目が赤くなる、瞼が腫れる、涙が止まらなくなる、目が痒くなる

【鼻】…大量の鼻水、止まらないくしゃみ、鼻がつまりつづける

【呼吸症状】…息苦しそう、ゼーゼー呼吸する、過呼吸、犬の鳴き声のような咳、咳き込む、声がかすれる

【消化器症状】…下痢、嘔吐

他にも腹痛や頭痛、不快感などの症状がありますが、赤ちゃんは症状を言葉で訴えることができません。

なんだか急に機嫌が悪くミルクも飲まない、落ち着かないなどと言った場合は症状が出ている可能性があります。

・危険な症状:アナフィラキシーショック…意識がもうろうとする、呼びかけても応答がない

多くの場合は1つの症状が起こりますが、複数の症状が起こる、アナフィラキシー症状

が起きる場合もあります。アナフィラキシー症状が起こると、アナフィラキシーショックを引き起こし、命が危険な状態になります。

・注意:調理状態や、食べた本人の体調によって症状が変化します。

食品が生のままや、疲れていたり、風邪をひいている時などは悪化するおそれがあるので、注意しましょう。

特に赤ちゃんに初めての食品を与える時は、元気で機嫌のいい時に。

対応

・救急車を呼ぶ場合:アナフィラキシー症状

複数の症状が出た時点ですぐに救急車を呼びましょう。

前項で説明した、アナフィラキシーショックは大変恐ろしいもの。

処置が遅れると死に至る恐れもあります。

・病院に行く場合:軽いかぶれや湿疹だけ場合

かぶれや湿疹の場合、食物アレルギーでない場合もあります。

しばらく様子を見て、病院にいきましょう。

赤ちゃんに初めての食材をあげる時は、平日の午前中の余裕がある時。

必ずすぐ病院に行ける時にしましょう。

治療法

・治療法:除去食、負荷試験、延期、薬の投与等

病院の検査や問診を受け、医師の診断のもと必要最小限の除去食を行います。

症状によっては負荷試験、延期などを行ったり、場合によっては薬を使います。

・注意:家庭での判断でむやみな除去食を行う事は絶対NG。

アレルギー食物の判断は専門医でも難しいもの。

家庭でアレルギー食品を判断して、独自の除去食を行うということは、絶対にしてはいけません。

お母さんが予想したアレルギー食物は、実際の検査では違っていたりします。

むやみな除去食で、赤ちゃんの栄養バランスを崩したり、味覚の幅を狭めてはいけません。

食物アレルギーは乳幼児の時期に一番多く、発症しても90%の人が小学生になる前に治っているので、アレルギー症状が出ても焦らず、専門医の元治療を行いましょう。

万が一誤嚥してしまったら!

スポンサードリンク


誤って、うずらの卵をそのまま与えてしまい、赤ちゃんが誤嚥してしまったらどのように対応したらいいのでしょうか。

誤飲と誤嚥の違いとは?

誤飲とは、食物でない電池や消臭剤などを赤ちゃんが誤って飲み込んでしまうこと。

誤嚥とは、食物が本来食道に入るはずが誤って気道に入ってしまうことです。

まだ咀嚼力が未発達な赤ちゃんは、うずらの卵を噛まずに飲み込んでしまった時に気道に入り、詰まってしまうことがあります。

誤嚥してしまった時の対応

うずらの卵が喉に詰まってしまった場合、慌てて指を入れて掻き出そうとするのは絶対にやってはいけません。

かえって奥の方に押し込むことになったり、爪で口の中を傷つけたりしてしまいます。

誤嚥してしまったらすぐに救急車を呼ぶか、タクシーか、誰かいたら病院に連れて行ってもらいましょう。

病院に向かう道中や救急車を待っている間はうつ伏せにして背中を叩き、とにかく吐き出させます。

消費者庁のHPに載っている方法を下記に記載しました。

緊急対応は一度家族で確認しいつでも対応できるように、家の中の目のつくところに対応方法を貼っておきましょう。

消費者庁のホームページにはイラストも記載されているので一度是非一度確認しておいてください。

0歳児【背部こう打法】:片腕にうつ伏せに乗せ顔を支えて、頭を低くして、背中の真ん中を平手で何度も連続してたたきます。なお、腹部臓器を傷つけないよう力を加減します。

1歳児【背部こう打法変法】:立て膝で太ももがうつ伏せにした子のみぞおちを圧迫するようにして、頭を低くして、背中の真ん中を平手で何度も連続してたたきます。なお、腹部臓器を傷つけないよう力を加減します。

満5歳以上【腹部突き上げ法(ハイムリック法)】:後ろから両腕を回し、みぞおちの下で片方の手を握り拳にして、腹部を上方へ圧迫します。この方法が行えない場合は、横向きに寝かせて、又は、座って前かがみにして背部こう打変法を試みます。

引用_消費者庁「豆や干し芋は、3歳頃までは食べさせないようにしましょう!

簡単!おすすめレシピを紹介

スポンサードリンク


中期モグモグ期(7〜8ヶ月)向け!

・うずらの卵がゆ

材料:ご飯…大さじ2

うずらの卵の黄身…2個分

作り方:1.鍋にご飯と水1/2カップを入れ蓋をして、中火にかける。

2.沸騰したら弱火で1分煮て、火を止めてから3~5分ほどそのままに。

3.黄身をフォークでつぶして、ご飯に加えて混ぜる。

・うずらの卵のパンがゆ

材料:うずらの卵の黄身…2個分

調乳したミルク(または牛乳)…大さじ2

食パン8枚切り…1/8枚

作り方:1.黄身をすり鉢で滑らかになるまで潰す。

2.鍋に調乳したミルクを入れて食パンを細かくちぎって加え、弱火で煮る。

3.器に盛り黄身を乗せる。

後期カミカミ期(9〜11ヶ月)向け!

・トマトとうずらの卵とじ

材料:うずらの卵…3個

トマト…30g

しらす干し…大さじ1

作り方:1.トマトは皮を取って種を取り除き5mm角に刻む。

しらす干しでは茶こしに入れて熱湯をかけ塩抜きする。

2.フライパンに溶き卵を流し入れて、しっかり加熱する。

3.トマトとしらすをのせる。

・炒り卵のあえ物

材料:うずらの卵…3個

ブロッコリー…4g

カッテージチーズ…小さじ1

作り方:1.ブロッコリーは熱湯で柔らかく茹でて、花のところを細かく刻む。

2.フライパンに卵を流し入れて、炒り卵を作る。

3.ブロッコリーと卵とカッテージチーズ合わせてよく混ぜる。

完了期パクパク期(1〜1歳6ヶ月頃)向け!

・かぼちゃプリン

材料:かぼちゃ…8g

うずらの卵…4個

牛乳…大さじ2

作り方:1.かぼちゃは皮をむきラップで包んで電子レンジで500W2分加熱し、裏ごしする。

2.うずらの卵と牛乳を合わせて網でこし、かぼちゃを加えて混ぜる。

3.耐熱容器に流し入れ蒸気の上がった蒸し器に入れ、弱火で約10分蒸らす。

・うずらの卵サラダ

材料:うずらの卵…4個

プレーンヨーグルト…小さじ1

マヨネーズ…小さじ1

作り方:1.プレーンヨーグルトとマヨネーズをあえる。

2.うずらの卵の黄身を取り出し、1のソースを入れる。

3.上から黄身をかぶせる。

他にも、赤ちゃん用に小さな目玉焼きやゆで卵を作ってあげるのも可愛くておすすめです♪

まとめ

スポンサードリンク


赤ちゃんとうずらの卵についていかがでしたでしょうか。

赤ちゃんはうずらの卵を、鶏卵と同様に食べることができます。

離乳食中期のモグモグ期(7~8ヶ月)では白身だけを、後期のカミカミ期(9~11ヶ月)からは黄身を含めた全卵を食べることができます。

ただし、生の状態はアレルギー重症化や食中毒の恐れがあるため3歳以降から。

鶏卵と同様、アレルギー症状が出る可能性があるので注意しながら与えましょう。

また誤嚥の危険性もあるので、半分に切るなどの工夫も必要です。

うずらの卵は栄養素によっては鶏卵より栄養が豊富。

上手に使って、良い栄養を赤ちゃんに与えてあげましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です