妊婦にはピーナッツがおすすめ?妊娠中の落花生の栄養素と2つのポイント

スポンサードリンク
うちハピ

ナッツは妊婦にいいって聞いたことありませんか?

私は、妊娠する前からミックスナッツを愛用していました。

赤ちゃんができにくいと医師から言われていたのですが、「もしかしたらできたのはナッツのおかげかな?」と考えてしまうほど、

女性の身体にはナッツがとてもよい効果を発揮してくれます。もちろん妊娠している時にもです。

しかしながら、カロリーが高かったりするので注意しなければならないこともあります。

この記事では、ピーナッツをかしこく摂る方法をご紹介します。

ポイントは3つです。

・ピーナッツの3つの効能

・ピーナッツの2つリスク

・オススメピーナッツレシピ2品

これだけ読めば、妊娠中ピーナッツと上手に付き合っていけるはずです。

賢く食べて、自分にも赤ちゃんにも良い効果をもたらしましょう。

■ピーナッツの3つの効能■

・葉酸

妊婦さんにかかせない栄養素の『葉酸』が含まれています。

※葉酸は妊娠初期に特に必要不可欠の栄養素です。

不足してしまうと、胎児の奇形や神経管欠損を引き起こす可能性を高めますので葉酸を摂るようにする意識が必要です。

・2種類の脂肪酸

脂肪といっても悪いものではなく良いほうのものです。

オレイン酸やリノール酸という、悪玉コレステロールを排出してくれ、血圧を下げる効果や動脈硬化を予防する効果があります。

うちハピ

・オリゴ糖やビフィズス菌

このふたつは、ヨーグルトで良く聞くものですが、ピーナッツにも含まれています。

整腸効果がありますので、妊婦の大敵便秘に効果絶大。

下痢などにも効果を発揮してくれます。

■ピーナッツの2つのリスク■

妊娠している時に、ピーナッツを大量に摂りすぎると、以下の2つのリスクが生まれます。

・太る

ピーナッツは100グラムあたり約590キロカロリーもあります。

20粒食べると約100キロカロリーになります。

うちの祖母がそうなのですが、ピーナッツ好きで食べるととまらなくなり、平気で50粒、100粒とか食べちゃいます。

おやつに毎日そんな量を食べてしまうと……体重が増加して妊娠中や出産時、出産後も様々な危険が出てきます。

太りすぎは難産や妊娠糖尿病、高血圧症などリスクがあがりますので、食べ過ぎには注意が必要です。

・高血圧

塩味がついているピーナッツって美味しいですよね。

私もついつい、塩つきのほうに手が伸びてしまうのですが「ちょっと待った!」ですよ。

妊婦の塩分の摂りすぎはご法度です。

塩分を摂りすぎると、むくみがでてしまったり、妊娠高血圧症になるリスクを高めてしまいます。

妊娠高血圧症になると、赤ちゃんの発育遅延や早期胎盤剥離など出産時のトラブルに繋がりますので、塩分のないピーナッツを選ぶようにしましょう。

■ピーナッツのオススメレシピ2品■

  • レシピ1●

    スポンサードリンク


そのまま食べる。

レシピというにはあまりにも簡単なのですが、特に妊娠初期にオススメの摂り方です。

〇作り方〇

落花生のピーナッツを買ってきて、おやつに殻をわりながら1日10~20粒、茶色い薄皮も一緒に食べます。

この食べ方だと、塩分も気にしなくていいので、葉酸やビフィズス菌などの栄養素もたくさん摂れるのでオススメです。

薄い茶色の皮にはポリフェノールの一種であるレスベラトールが含まれて、抗酸化作用と血液をサラサラにしてくれる効果があります。

皮を剥かずに食べるだけで、ただでさえ健康食材のピーナッツに、もうひとつ身体にいい効果をプラスできるのです。

ただし、リスクの記事でも話しましたがカロリーが高めなので、いくら身体によいからといっても食べ過ぎには充分注意をしてください。

  • レシピ2●

ツナとキュウリのピーナッツバターサンド

おやつだとついつい食べ過ぎてしまいそう。

そんなあなたには主食で摂ることをオススメします。

朝食やランチにオススメのメニューです。

一度に色々な栄養が摂れるので、私が妊娠中や授乳中によく作っていた一品です。

〇作り方〇

水切り(油切り)したツナ缶1個分と千切りにしたキュウリ1本分、ブロッコリースプラウト1パックをボールに入れます。

ピーナッツバター(ピーナッツクリームでも可)、マヨネーズをそれぞれ大さじ1ボールに入れ、具材とよく合わせます。お好みで塩を少々加えてもOK。

サンドウィッチのパンに塗ってはさめば出来上がり。

ロールパンの真ん中に切れ込みを入れてはさんで食べても◎

■ピーナッツは積極的に摂るべき食材です■

ピーナッツは妊婦にとって、簡単に必要な栄養が摂れる食材だとわかりましたか?

私も妊娠初期は、葉酸のために意識して食べるようにしていました。

ピーナッツだけだと飽きてしまいそうという方は、私のようにミックスナッツにするのがオススメです。

この記事ではピーナッツのことしか書いていませんが、ナッツ類は身体にいい効能がたくさん。

ですが、全てのナッツ類において気にしなければならないのは塩分です。無塩のものを選んで、食べ過ぎに注意をしながら賢く栄養を補給しましょう。

ちなみに、ナッツ類は美容にもいいので、お肌つるつる効果も。ついでに綺麗にもなっちゃいましょう。

 

うちハピ