妊娠後期は性行為(SEX)をしちゃダメ?妊娠後期のエッチの影響と7つの注意点

スポンサードリンク




妊娠期間は十月十日とよくいいますが、妊娠期間中、性行為、エッチはどうしていますか?

妊娠後期に入ると不安だからとエッチを控えている夫婦も多いのではないでしょうか?

そこで今回は妊娠後期の性行為、エッチについてお伝えします。

  • 妊娠後期はエッチをしてもいいの?
  • 妊娠中エッチをしない方がいい妊婦さんの5つの特徴
  • 妊娠後期のエッチによる つの影響
  • 妊娠後期のエッチ7つの注意点

エッチは夫婦間のコミュニケーションの1つとしてとても大切なことです。

妊娠中の性行為・エッチについてしることで安心してコミュニケーションが取れるようになるかと思います。

妊娠中の性行為・エッチはいつからいつまで?

妊娠すると、性行為をしても大丈夫なのか不安に思うところです。

実際にはいつから、いつまでしてもいいのでしょうか?

妊娠初期

妊娠初期の性行為は特に問題ないとされています。

ですが妊娠初期は自然流産の可能性が大きい時期です。

またつわりで体調が安定しない時期でもあります。

できれば妊娠初期の性行為は控え、スキンシップなどでコミュニケーションをとるようにしましょう。

妊娠中期

妊娠中期は安定期に入ります。

安定期に特に不正出血や医師からの安静などの指示が出ていなければ性行為しても大丈夫です。

ゆっくりとしたエッチにしましょう。

妊娠後期

妊娠後期での性行為は妊娠36週までにしておきましょう。

妊娠後期では出産に向けて特に膣内が柔らかくなっています。

傷つきやすいので注意が必要です。

とはいえ妊娠後期はお腹が張りやすい状態です。

医師によっては控えた方がいいという医師もいます。不安に感じる場合は医師に確認してからにしましょう。

妊娠後期にエッチをしない方がいい妊婦さんの5つの特徴

妊娠後期でも性行為することは可能ですが、妊婦さんの中には性行為をしない方がいい妊婦さんもいいます。

  1. 出血がある
  2. 子宮頸管は短い
  3. 安静の指示がでている
  4. 早産、切迫早産、流産、切迫流産の経験がある
  5. 前置胎盤

以上の妊婦さんは基本的に性行為は避けましょう。

上記の妊婦さんが性行為をすると子宮が収縮し、早産を引き起こす可能性があります。

妊娠後期のエッチによる3つの影響

妊娠中にエッチをすると早産になるんじゃないか、など不安・心配に思う妊婦さんが多いかと思います。

では実際には妊娠後期にエッチをするとどんな影響があるのでしょうか?

赤ちゃんへの影響

スポンサードリンク


基本的に性行為によって赤ちゃんへの影響はありません。

赤ちゃんは羊水に包まれており、子宮口は頸管粘液で守られています。

妊娠中に挿入をしても赤ちゃんに当たるなど、直接的な影響はありません。

オーガズムに達した際の影響

妊婦さんがオーガズムに達すると子宮は収縮します。

ですが、これが原因で陣痛になる、早産になることは有りません。

ですが妊娠経過が順調な妊婦さんに限ります。

子宮が収縮するとお腹が張るので、横になって休むようにしましょう。

通常であれば数十分でお腹の張りは収まります。

時間が経過しても張りが収まらない場合には医師に連絡し必要に応じて受診しましょう。

出血による影響

性行為中に出血した場合には中止しましょう。

性行為後に出血することもあります。

出血した際には感染症の危険性からも性行為したことを伝え受診するようにしましょう。

妊娠後期のエッチの7つの注意点

妊娠中の性行為、エッチはいつものエッチとはことなりいくつか注意が必要です。

  1. コンドームを使用する
  2. 衛生面に注意する
  3. お腹を圧迫しない
  4. 短時間で済ませる
  5. 乳首への刺激は避ける
  6. 挿入は浅く、スローセックスにする
  7. お腹の張りを感じたら中止する

コンドームを使用する

妊娠中は避妊する必要がないからコンドームは必要ないと思う方もいるかもしれません。

ですが精子には子宮を収縮する作用があること、精子には細菌が含まれていることから、コンドームなしでのエッチは避けましょう。

衛生面に注意する

妊娠中の膣はとても柔らかく傷つきやすい状態です。

細菌感染を起こさないように清潔なエッチを心がけましょう。

お腹を圧迫しない

妊娠後期ではお腹が大きくなるため不安定です。

ふとした拍子にバランスを崩すことも十分考えられます。

もちろんお腹の大きさが目立たない時期でも、お腹を圧迫するような体位、圧迫する可能性がある体位は避けましょう。

短時間ですませる

妊娠後期では特に疲れやすいこと、お腹が張りやすいために、長時間のエッチは負担が大きくなります。

大切なのはコミュニケーションです。

時間は短く済ませしょう。

乳首への刺激は避ける

乳首を刺激すると、オキシトシンという子宮を収縮させるホルモンが分泌されます。

妊娠後期では特にお腹が張りやすくなっているため乳房や乳首への刺激はお腹の張りへと繋がってしまいます。

妊娠中は乳首への刺激は避けましょう。

挿入は浅く、スローセックスにする

妊娠中のエッチでは挿入は浅めにすること、激しい動きはしないことが大切です。

妊娠中は必ずスローセックスで行いましょう。

お腹の張りを感じたら中止する

妊娠後期ではお腹がとても張りやすくなります。

性行為後にお腹の張りを感じることはよくありますが、性行為中でもお腹の張りを感じることがあることでしょう。

そんな時は性行為中でも中止して横になって休むようにしましょう。

妊娠中に大切なのは夫婦間で話し合うこと

妊娠中の性行為、エッチは妻側がしたくないと思うことが良くあるようです。

また反対に夫側が怖くてしづらいということもあります。

妊娠期間中にエッチをあまりに拒否し続けてしまうと夫婦仲が悪くなってしまったり、妊娠をきっかけにセックスレスになってしまうこともあります。

夫婦間でよく話し合い距離を縮めることが必要です。

また性行為は挿入だけではありません。

キスやハグなど違った形でのコミュニケーションをとるなども大切です。

まとめ

スポンサードリンク


妊娠後期の性行為、エッチは妊娠経過が順調であれば基本的には問題ないとされています。

妊娠中の性行為はコンドームを必ず使用し、衛生面に注意しましょう。

また負担をできるだけ少なくするために、短時間、ゆっくりとした性行為にしましょう。

性行為中や性行為後にお腹の張りや出血を感じた時は中止し、体を休めること、必要に応じて受診するようにしましょう。

妊娠中は性行為に不安や心配を抱きがちです。

大切なのは夫婦間でよく話し合うことです・どちらかが必要以上に我慢することが無いようしましょう。

また性行為以外でもスキンシップなどでコミュニケーションを増やしていくようにしましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です